review

「ルーズヴェルト・ゲーム」の大逆転を総括 なあ、あいつらと野球するの楽しくないか

       
逆転に次ぐ逆転が描かれたTBS・日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」。昨晩の最終回により全話が締めくくられたいま振り返ってみて、このドラマにおける最大の逆転劇とは何だったのだろうか?

たとえば最終回の最後の最後で、廃部の決まっていた青島製作所の野球部に、まるでエーゲ海から追い風が吹いてきたかのような結末が待っていたことは、たしかに最大級の逆転劇といえるかもしれない。あるいは、同じく最終回の、東洋カメラの新機種カメラに搭載するイメージセンサーのコンペにおける、青島製作所のイツワ電器に対する逆転をあげる人も当然いるだろう。だが、それら以上に大きな逆転劇は、青島製作所の経営陣に対する野球部のそれだったような気がしてならない。

思えば、シリーズ前半、野球部は社長の細川(唐沢寿明)からリストラの対象とされ、いつ廃部となってもおかしくない、経営側には完全に翻弄される立場にあった。それが後半、不屈の精神を見せる野球部に、逆に細川たちのほうが心を動かされるようになる。

最終回では、試合前夜に野球部の部室へ細川が顔を出し、自分は部員たちから最後まであきらめないことを学んだと感謝を述べた。廃部の決定は覆せなかったとはいえ、冷徹な社長にここまで態度を一変させたことは、形勢逆転といっていいだろう。細川のそうした姿勢には専務の笹井以下、ほかの役員たちも共感を抱いたのか、最終回冒頭、メインバンクである白水銀行の支店長(峰竜太)を前に、役員全員が細川の意見に同調する。少し前の青島製作所ではありえなかったことだ。峰竜太でなくとも、

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュース

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュース

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ルーズヴェルト・ゲーム

ルーズヴェルト・ゲーム

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系・日曜21時)は、危機的状況に陥った中小精密機器メーカー・青島製作所と同社の野球部それぞれの逆転劇を描いたドラマ。凄まじい投球を披露した主人公演じる工藤阿須加は、元・プロ野球選手の工藤公康の長男。

2014年6月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。