review

いきなりすき焼き5連打。肉だらけアンソロジー『ぷくぷくお肉』に悶絶

いきなりすき焼き5連打。肉だらけアンソロジー『ぷくぷくお肉』に悶絶
池波正太郎や開高健はもちろん、古くは古川緑波から伊丹十三、邱永漢、島田雅彦などバラエティに富んだ書き手による“肉アンソロジー”。角田光代や川上未映子、菊地成孔、久住昌之といった現代の名手のエッセイも多数載録。
肉アンソロジー、『ぷくぷくお肉』の話の並べ方はずるい。とてもずるいと思う。掲載順に題名を紹介すると―──。

「スキヤキスキスキ」(阿川佐和子)
「エラクなりたかったら独身だ、スキヤキだ」(開高健)
「牛鍋からスキヤキへ」(古川緑波)
「すき焼きの記憶――「自作の中の味」という課題で」(山田太一)
「すき焼きが好き」(村上春樹)

いきなりすき焼きの5連打だ。ちなみにこのあとも「ビフテキ委員会」「世界一のステーキ」と続く。明らかに牛びいきだ。それもずるい。でもやっぱりすき焼きやステーキは人の心を躍らせる。

書かれているのは、肉のことばかり32篇。といっても、肉の内訳が書かれていない。気になったので、登場する肉の種類を勝手にカウントしてみた。

牛18、豚11、鶏が3。馬、羊、鴨、猪、鹿、それにマンモスが各1作ずつ。合計すると38篇になるのは、作中に2つ以上の肉が出てくる作品がいくつかあるからだ。ちなみにマンモスは唯一のマンガ作品、園山俊二の『ギャートルズ』に登場する“あの肉”である。

それにしても32篇いずれの作品も実に暴力的。肉自体がそうであるように、耳下腺、顎下腺、舌下腺という3大唾液腺から口内へと流れる唾液の量をコントロール不可能にしてしまう。

とりわけ阿川弘之の「ビフテキとカツレツ」に至っては、ビフテキに始まり、トンカツ、ビフカツ、チキンカツという狼藉三昧。ビフテキは、デパ地下に出店している人形町今半の100g3000円のサーロインを「ステーキ用に二人分」切り出したものを焼き、燻製をかけるという念の入れよう。とんかつは「珍豚美人(ちんとんしゃん)」(※銀座「梅林」の愛称)や「本家 ぽん多」(※原文ママ)、「蓬莱屋」に目黒「とんき」とお腹の鳴るラインナップ。ビフカツからチキンカツへと流れるくだりでは、パリ十六区にあったというロシア料理店「ニチェヴォ」まで登場する。「馬肉のタルタル」や「コーカサス風シャシリク」(※羊の串焼き)など列挙したメニューにまで肉をあしらうのが、実に心にくい。

あわせて読みたい

  • 肉禁止を宣告された森三中・大島美幸におすすめしたい。徹底的に野菜がおいしいレシピ集

    肉禁止を宣告された森三中・大島美幸におすすめしたい。徹底的に野菜がおいしいレシピ集

  • これで勝ち組クリスマス! あの三ツ星店のロースト肉をオーブンなしで再現してみた

    これで勝ち組クリスマス! あの三ツ星店のロースト肉をオーブンなしで再現してみた

  • レビューの記事をもっと見る 2014年6月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら