フランスがもっとも大切にする国はどこか? 欧州の隣国でもなく、もちろん日本でもない。それは中東の産油国カタールだ。

先月、同国のタミーム首長がフランスを公式訪問し、オランド大統領と会談した。仏ダッソー社の戦闘機「ラファール」の売買について話し合ったと言われている。これがまとまれば、「ラファール」の初めての輸出先がカタールになる。じつはこの両者、今回に限らず、近年になって急激に親密度を増している。

フランスにとってカタールは、巨額の投資をフランスへ運んでくれる上お得意様だ。典型的なフランスと思われているものの多くに、今やカタール資本が入り込んでいる。

首都パリを本拠地にするサッカーチーム「パリ・サンジェルマン」。2011年、政府系ファンドのカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)は同チームを買収した。豊富な資金力を背景に、スウェーデン代表イブラヒモビッチやブラジル代表チアゴ・シウバなど、各国の有名選手を集めている。

毎年10月にロンシャン競馬場で開かれる国際レース・凱旋門賞も、2008年からカタール競馬馬事クラブが、10年4900万ユーロ(約68億円)でスポンサーになっている。賞金も増額されて華やかになった。特に昨年の92回大会は、日本馬オルフェーヴルが出走し、日本でも注目が集まったが、優勝をさらったのはタミーム首長の弟ジョアン殿下が持つ馬トレヴだ。カタールがスポンサーの大会でカタールの馬主が勝つという、カタール尽くめの大会である。