review

今日も爆発する深夜の夜食テロ「孤独のグルメ」原作の五郎との違いを考察

『孤独のグルメ』にあふれる多幸感と満足感

ところで、原作の五郎はいつも所在がない。それはめしを食べるときも同じだ。
何をどこで食べようかと迷ったあげくに飛び込んだ店は、労務者の多い定食屋、オバサンだらけの回転寿司屋、誰もいない焼肉屋……。そして所在なさげに食べるめしが、いつも当たりとは限らない。なんとなく違和感を抱えながら店を出ることも少なくないのだ。

ドラマ『孤独のグルメ』は、五郎の抱える所在なさを、食べることではなく、それ以前のドラマパートに腑分けして処理しているように見える。今回で言えば、依頼主が健康麻雀をやっているのを五郎がただ見ているだけのシーンだ。五郎は見事に所在がない。

しかし、食事のパートに入ったら、スカッとうまいものをもりもり食べる。何を食べるか注文で迷うこともあるが、おおむね正解を選ぶ。もう一つ食べたくなれば、頼んでしまう。

ドラマの五郎は漫画の五郎に比べて、満足度がとても高いのである。
これは視聴者の「食べたい!」という生理的欲求を気持ちよく刺激するための策だろう。ドラマの五郎は原作のように「俺…いったいなにやってんだろ」とわびしさを噛みしめながらコンビニめしを食べることはない。そんなことをしていては視聴者だってわびしくなってしまう。幸せな空腹感を抱えたまま、寝床に入ることができない。

ドラマの中の五郎の満足感と多幸感は、番組の最後のミニコーナー「ふらっとQUSUMI」で、ドラマに登場した店で「これですよ、これ!」「この良さがわからない人とは友達になれない!」と言いながら酒と食事を楽しむ原作者・久住昌之のエビス顔と重なるものがある。久住については、以前「食べログを否定する久住昌之の最新作『野武士のグルメ』」という記事を書いたので、よろしければそちらもぜひ。

ドラマ『孤独のグルメ』は正しく視聴者の腹を減らせるため、とても効果的に作られたドラマである。今日の放送は「中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」だ。なんだかわからないが、きっとうまいに違いない。そしてわれわれの腹は、またグーグーと鳴る。
(大山くまお)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

孤独のグルメ

孤独のグルメ

独身で下戸の輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)こと通称・ゴローちゃんが、仕事の途中に立ち寄った店に一人で入り食事する姿を描くドラマ。深夜放送だったため、「飯テロ」ドラマとしても話題に。

お買いものリンク