review

「孤独のグルメSeason8」大魔神佐々木と五郎さんがアヒルのパリパリ揚げを手づかみで食べた理由は?

テレビ東京系「孤独のグルメ Season8」が10月4日に放送開始。個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)が、1人で食事を楽しむ様子を描いただけでSeason8。もはや偉業だ。

毎週楽しみにしてもいいし、休日に一気見しても楽しいし、とりあえず流しっぱなしにして家事のBGMにも使える、とりあえず録画しておいて損はないタイプのドラマ。別にワンシーンくらい見逃したって平気なので、「観るぞ!」という気合がいらない、再生ボタンを気軽に押せる嬉しいドラマだ。

「孤独のグルメ Season7」Blu-ray BOX

人生に悩む八嶋智人と、店探しに悩む五郎さん


では、食べてるだけで話に繋がりがないのか?と言われればそうでもない。個人で輸入雑貨商を営む五郎さんは、ほぼ毎回、取引先とのやりとりを終えて、「腹が減った……」と出先で店を探すのだが、このドラマパートがグルメパートに関係していたりしなかったりする。

第1話は、占い師・ワン先生(八嶋智人)が、占い師でありながら自分の人生に“悩む”という話だ。今回の五郎さんの店探しは、いつもより徘徊が多めで、明らかに“悩んで”いた。まぁ、だからなんだってレベルの繋がりなので、前述した通り見逃したって支障はないが、気付いたら気付いたでちょっと楽しい。ドラマパートとグルメパートのつなぎ目には、「腹が、減った……」と「腹が、減ってきた……」の2通りがあるのだが、もしかしたら細かな心情の違いで使い分けているのかもしれない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

孤独のグルメ

孤独のグルメ

独身で下戸の輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)こと通称・ゴローちゃんが、仕事の途中に立ち寄った店に一人で入り食事する姿を描くドラマ。深夜放送だったため、「飯テロ」ドラマとしても話題に。

お買いものリンク