review

「孤独のグルメ」「ロールキャベツ定食しかありませんけど」自由を奪われた五郎さんどうする?3話

テレビ東京系「孤独のグルメ Season8」第3話が10月18日に放送された。

「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。 誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。 この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである」

冒頭のナレーション。その中に「自由になる」という一文があるが、今回の五郎さんは自由を奪われていた。

「孤独のグルメ Season7」Blu-ray BOX

ドラマパートもグルメパートも相手ペース


個人で輸入雑貨商を営む五郎さんは、銀座のカフェで劇団主催者の武者小路朱雀(岸谷五朗)と商談をする。武者小路は、今作では珍しいほどのぶっ飛んだキャラで、店内でシェイクスピアの「リア王」を演じまわる奇人だった。五郎さんは武者小路に振り回され、「腹が減って」しまう。

疲れが溜まった五郎さんは、「パワー系」を求めて銀座の裏通りを徘徊。「昼食堂」と書かれた看板と「ポークソテー定食」に惹かれて、見の客を寄せ付けないような地下の怪しげなバーへと入った。

武者小路に続いて、ここの店主(室井滋)もアクが強かった。のっけから水を運ぶ手伝いをすることになり、さらには「ロールキャベツ定食しかありませんけど」とメニューを限定されてしまう。

このドラマは、入店してからのメニュー選びも見どころのひとつだが、今回は「ロールキャベツ定食」一択。入店時に先客がいなかったことで、五郎さんが得意とするテーブルの覗き見もできなかった。求めていたはずのパワー系「ポークソテー」も食べられず、選択の自由もない。普段は、一人であれやこれやと思考する場面に、五郎さんの人間味や、食のクセが見えるのだが、今回はそれが封じられてしまった形だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

孤独のグルメ

孤独のグルメ

独身で下戸の輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)こと通称・ゴローちゃんが、仕事の途中に立ち寄った店に一人で入り食事する姿を描くドラマ。深夜放送だったため、「飯テロ」ドラマとしても話題に。

お買いものリンク