review

ハーロックが認知症。アニメ世代に老いの現実を実感させる仕掛けなのか「家族狩り」2話

ハーロックが認知症。アニメ世代に老いの現実を実感させる仕掛けなのか「家族狩り」2話
劇場版 SPEC ~結~ 爻ノ篇 スタンダード・エディション <br />DVD発売中<br />井上真樹夫が声の出演をしています
「私を捨てて、好きに生きろ」
認知症の老いた父親・清太郎(井上真樹夫)が、妻・民子(浅田美代子)と娘・游子(松雪泰子)に言います。
「家族だからって縛られることはない」

TBS金曜10時「家族狩り」第2話(7月11日放送)のワンシーンです。
そんなこと言われても、はいそうですか、そうしますとは言えないのが、情。
娘・游子は、母・民子の提案で、施設に話を聞きにいったものの、気乗りがしない様子です。
母は「もう耐えられないのよ、この染み、このニオイ、あのいびき、全部もういやよ」と今週もヒステリックになっています。
そうですよね、ほんと辛いです。

相変わらず、辛いこと満載の「家族狩り」(原作・天童荒太、脚本・大石静)。
第2話で、最も胸が痛くなったのは、老いて頭髪の前も後ろも薄くなり、36歳の娘を小学生と勘違いしたり、椅子に座ってポカーンとしていたりする父親を演じている俳優が、誰あろう、キャプテンハーロックの声を演じている井上真樹夫さんであるということでした。

あの、颯爽としたヒーロー、ハーロックの2枚目声の方が、麻雀を一緒にやっていたかわいい女性を「おさわりあるか?」とやらしい目線で見るだけでなく、彼女のふっくらした胸を揉んでしまうのです。
「命を捨てておれは生きる」はハーロックの主題歌の一節ですが、「私を捨てて、好きに生きろ」。ちょっと似ています。

井上真樹夫は、「ルパン三世」の石川五ヱ門の声もやっていました。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年7月18日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アリスの棘」のニュース

次に読みたい関連記事「アリスの棘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

家族狩り

家族狩り

「誰か家族を狩ったのか?」という謎を追っていくミステリー仕立てのドラマ。一家心中のように見せかけて、次々と家族を殺している人物がいる。誰が? 何のために?捜査一課の馬見原光毅(遠藤憲一)たちが真相を追う。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース