review

一家惨殺も怖いが、結婚したがるアラフォーの同僚がやばい「家族狩り」1話レビュー

一家惨殺も怖いが、結婚したがるアラフォーの同僚がやばい「家族狩り」1話レビュー
「幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉」天童荒太/新潮文庫
夏のジブリ3連弾の裏で、果敢に発進した新ドラマ「家族狩り」(TBS金曜10時〜)。ジブリアニメのスケール感もすごいけれど、テレビドラマにしては、物語も映像も、ヘビー級な見応えなので、こちらも注目してほしい。

原作は、直木賞作家・天童荒太の小説
映画も大ヒットした「SPEC」シリーズをつくった植田博樹がプロデュースしたこのドラマ、のっけから一家惨殺シーン。美しくも残酷な映像に、思わず身を乗り出した。

そこで、

チェックポイントその1 誰が家族を狩った(殺した)のか?



このドラマは、「誰か家族を狩ったのか?」という謎を追っていくミステリー仕立て。
一家心中のように見せかけて、次々と家族を殺している人物がいる。
誰が? 何のために?
捜査一課の馬見原光毅(遠藤憲一)たちが真相を追う。

チェックポイント2 ニオイに注目



このドラマのチャレンジングなところは、ニオイが事件の鍵となること。テレビからはニオイは出てこないにもかかわらず、演技や映像で、ニオイを表現している。
馬見原(遠藤憲一)が、事件現場に残されたニオイから、犯人に近づいていく。遠藤憲一、鼻が利きそうで、ぴったりの役どころ。

チェックポイント3 困ったちゃんばかりの登場人物たち



馬見原(遠藤憲一)がニオイからマークした女性・氷崎游子(松雪泰子)は「クレームばばあ」の異名をもち、正義感が強いあまり、何かと警察に怒鳴り込んでくる、児童心理司。
空手チョップの手つきで、机をバンバン叩くのが特徴。第一話では22回も叩いていた。

あわせて読みたい

  • 男同士が色っぽい。新ドラマ「同窓生」

    男同士が色っぽい。新ドラマ「同窓生」

  • ドラマ「おやじの背中」豪華顔合わせ

    ドラマ「おやじの背中」豪華顔合わせ

  • 気になるキーワード

    1. 家族狩り ドラマ
    2. 家族狩り 中村ゆりか
    3. 家族狩り 北山宏光
    レビューの記事をもっと見る 2014年7月11日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「家族狩り + ドラマ」のおすすめ記事

    「家族狩り + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

    「家族狩り + 北山宏光」のおすすめ記事

    「家族狩り + 北山宏光」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    家族狩り

    家族狩り

    「誰か家族を狩ったのか?」という謎を追っていくミステリー仕立てのドラマ。一家心中のように見せかけて、次々と家族を殺している人物がいる。誰が? 何のために?捜査一課の馬見原光毅(遠藤憲一)たちが真相を追う。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら