review

SNSとは「情報網じゃなくて愛情だよ」「家族狩り」最終回

SNSとは「情報網じゃなくて愛情だよ」「家族狩り」最終回
家族狩り ディレクターズカット完全版  DVD<br />TCエンタテインメントから2015年2月4日発売
震えるドラマ「家族狩り」(TBS金曜22時〜/原作・天童荒太、脚本1〜5まで大石静、6〜最終話まで泉澤陽子)が9月5日、ついに最終回を迎えた。
児童心理司の山賀(財前直見)とシロアリ駆除業者・大野(藤本隆宏)が、関係性がずたぼろになった家族を、「送って差し上げ」ていた(殺すという意味をいいふうに言い換えている言葉)ことが判明。連続して起こっていた、一家心中かと思わせて一家惨殺事件は、彼女たちに手によるものだった。
9話で最高潮に盛り上げて、最終回に突入。
山賀たちの次なるターゲット・芳沢亜衣(中村ゆりか)一家があわや惨殺! となるところ、氷崎游子(松雪泰子)、巣藤浚介(伊藤淳史)、馬見原(遠藤憲一)らの決死の尽力によって阻止されるところが、前半のハイライト。血、汗、涙、炎……によって裕福でキレイな家が戦場と化した。

そして、山賀たちが、なぜこんなことをしていたかもわかる。
折り鶴がいっぱいつり下げられた、祭壇のある部屋で、ふたりが寝ている場面は、彼らが抱えた罪と祈りが痛いほど伝わってきた。

とはいえ、どんなことがあっても、他人の家族の人生に関与していいわけがない。
游子も馬見原も満身創痍で奮闘。中でも一番の功労者は、巣藤先生。
涙ながらに、「生きてると 絶対 なんかいいことあるんだよ」という信念のもと、家族とは、家族だけでなく、ほかのいろいろな人たちと関わってできているのだから、部外者(山賀たち)勝手な判断で、家族間がうまくいってないからといって、やり直しができるできないを勝手に判断するな、と山賀たちに向かって絶叫する。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年9月8日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アリスの棘」のニュース

次に読みたい関連記事「アリスの棘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇の料理番」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

家族狩り

家族狩り

「誰か家族を狩ったのか?」という謎を追っていくミステリー仕立てのドラマ。一家心中のように見せかけて、次々と家族を殺している人物がいる。誰が? 何のために?捜査一課の馬見原光毅(遠藤憲一)たちが真相を追う。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース