review

堀北真希をつかまえてドブコって、木皿泉さん!日曜劇場「おやじの背中」5話

       
堀北真希がBS-i(現・BS-TBS)の「ケータイ刑事 銭形舞」でドラマ初主演してから早11年。いまや美少女から美女へと成長した堀北が、8月10日放送のTBSの日曜劇場「おやじの背中」の第5話「ドブコ」(脚本・木皿泉)に主演した。ドブコとは、本作で堀北が演じるヒロイン・丸井三冬のあだ名である。堀北真希をつかまえてドブコって、いくら何でも木皿さん、ひどいよ! と思ったのだけれども、考えたら2005年の木皿作品「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)でも彼女は「野ブタ」とあだ名される女子高校生を演じていたんだっけ。

それはともかく、警察官になったいまでも呼ばれ続けるドブコというあだ名に、彼女は小学生のときより迷惑してきたのだ。クラスメイトからドブコと呼ばれ、最後まで本名で呼んでくれていた親友にも、とうとう「明日からドブコって呼んだら怒る?」と聞かれて、不承不承許す始末。

そもそもの原因は父の仕事にあった。父・正(遠藤憲一)は悪役専門の俳優で、芸名を鬼頭勇人という。時代劇では斬られ役、特撮ヒーローものでも「アリクイX」なる悪役を演じ、外出先ではいつも子供たちにつきまとわれる。そんな父の一番の当たり役が、かつてヤクザ映画で演じた「ドブネズミ」だった。そう、ドブコの名はこの父の役名に由来する。

父が斬られ役なら、自分は父の仕事のせいでいつも斬られてばかりだ、と彼女はもはやあきらめかけている。つい最近も、幼なじみで同僚の佐々木勝(溝端淳平)から、友人関係を解消したいと宣告されたばかり。何でも、勝はフィアンセから、ドブコの結婚式への出席も勝と友人でいることもやめてほしいと言われたらしい。ここでも彼女は不承不承、勝の言い分を飲んだのだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「木皿泉 + ドラマ」のおすすめ記事

「木皿泉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おやじの背中

おやじの背中

ドラマ「おやじの背中」シリーズ(TBS日曜夜9時〜)。10組の脚本家&キャストによるオムニバスドラマだ。

2014年8月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 木皿泉 ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。