review

初めて描いたBL同人誌がネットに晒され…映画「ぼんとリンちゃん」腐女子の佐倉絵麻とオタクの高杉真宙

初めて描いたBL同人誌がネットに晒され…映画「ぼんとリンちゃん」腐女子の佐倉絵麻とオタクの高杉真宙
公式ノベライズ『ぼんとリンちゃん』小林啓一/竹書房<br />9月20日から新宿シネマカリテとシネ・リーブル梅田で公開中の映画「ぼんとリンちゃん」。佐倉絵麻、高杉真宙という若手俳優が出演する、小林啓一監督作品だ。オタクをリアルに切り取った映像は、見ているとつらくて胸がざわざわする。つらいけど、面白い。
9月20日から公開している映画「ぼんとリンちゃん」。主演は佐倉絵麻と高杉真宙、監督は「ももいろそらを」の小林啓一だ。この映画は、21歳(本人いわく16歳と62か月)のオタク大学生女子「ぼん」と、彼女の幼なじみの18歳の浪人生オタク男子「リンちゃん」が、東京で彼氏と同棲中らしい親友「肉便器ちゃん」を助けに行く、というお話だ。
画面にまず映し出されるのは、こんな手書きの文章。

〈僕の悪い予感が当たった。
「ぼん」こと、ねえさんが初めて描いたボーイズラブ(BL)の同人誌がネットにさらされ、嘲笑の対象になっているのを僕が発見してから、約一か月が過ぎた。
 その間ねえさんはひどく落ちこんでいたのだが、突然、「肉便器と連絡がとれない! おかしい!」と発奮し、とてもやっかいなことを思いついてしまった。
 肉便器救出作戦──東京で彼氏と同棲中の親友「肉便器」の家を突撃し、彼女を連れて帰るというのだ〉

つらい。
「ぼんとリンちゃん」は、美少女ゲーム&アニメ、ボーカロイド、それからBL(腐女子)などのオタク文化をリアルに切り取った作品だ。茶化すでもなく肯定するでもなく否定するでもない、そのままその辺のオタクをぽんっと出してきたような描写が続く。本当につらい。

上京してきたぼんとリンちゃんは、作戦に協力してくれるネット友達「ベビちゃん」(モンハンで知り合った42歳男性)にお土産を持っていこうとして、アニメイトの同人誌コーナーを物色する。

あわせて読みたい

  • なぜモテるのか「オタサーの姫」の謎

    なぜモテるのか「オタサーの姫」の謎

  • 「液体アウト」エヴァ旧劇場版チェック

    「液体アウト」エヴァ旧劇場版チェック

  • 趣味でつながった男女が友人のままでいるのは可能か

    趣味でつながった男女が友人のままでいるのは可能か

  • レビューの記事をもっと見る 2014年9月24日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら