「ごめんね青春!」(TBS日曜9時〜)はごめんねするところなんかひとつもないと思う。誰が何と言おうと、面白い。

宮藤官九郎が描く、三島にある仏教系男子校とキリスト系女子校が男女合併するまでの半年間の物語は、3話で、反目していた三女ととんこーが、男女共学、合同文化祭を賭けたテストをきっかけに、少し歩み寄り、男子と書いて「アリ」と読むという認識を得たところから、ますます脂が乗ってきた。

11月2日放送の第4話では、お試し男女共学が軌道に乗り始め、あちこちで恋の花が咲きはじめる。それからが抱腹絶倒。なにしろ、宮藤官九郎は、壁ドン! ネタだけで1話分描き切ったのだ。

もはや説明不要なほど巷で流行している「壁ドン!」。男性が、女性を壁に追いつめて、その手を壁にドン! と突く。それによって女性と男性の距離が縮まり、男性の顔を間近に見て、女性がキュンとなるシチュエーションである。

「ごめんね青春!」では既に第1話で、錦戸亮と永山絢斗の男同士の壁ドン!が描かれているが、ついに、男性と女性の壁ドン! が登場した。

最初の登場は、番組開始20分45秒頃。
「汝の隣人を愛せよ」という神の教えにもかかわらず、とんこーを敵視していたことを反省し、「信仰が親交の壁を作っていた」とうまいことを言う三女校長・吉井(斉藤由貴)。
彼女は、教師たちの親睦会の二次会カラオケで「壁ドン!」の話を乙女な顔して語り、原平助(錦戸亮)に「合併認めてあげたんだから壁ドン! くらいしなさいよ」と逆セクハラ気味に迫る。お酒は飲まず素面で言っているところがおそろしい。