あの朝ドラ「あまちゃん」の宮藤官九郎が手がける連ドラ、日曜劇場「ごめんね青春!」(TBS日曜21時〜)の視聴率が、10月12日放送の初回10.1%、19日放送の第2回は7.7%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と苦戦している。

「これは99年の歴史と伝統を誇る仏教高・我がトンコーと、カトリックの名門三女こと三島女学園の合併統合、つまり男女共学になるまでの半年間の物語です。31歳独身です。と同時に、私こと原平助31歳独身が、自分の青春におとしまえをつけ、青春を卒業するまでの物語です。31歳独身です」
と、最初にわかりやすく物語のアウトラインを説明する親切さで、その物語もとっつきやすいことこの上ない。なのになぜ?

第1話(10月12日)のしょっぱなは、あの「あまちゃん」の名場面・灯台の白いSTOP文字を越えて、海に飛び込む場面のように、校門に引かれた白い線を、主人公・原平助31歳独身(錦戸亮)が飛び越える場面が盛り込まれる気合いの入れようだった。
さらに、視聴者の大好物「未解決事件」を取り入れ、主人公はジャニーズで、メインの女性キャラ(満島ひかり、森川葵、黒島結菜、波瑠など)はキュートなショートカット、流行の壁ドン! まで(錦戸と永山絢斗の男同士だけど。正確には黒板ドンだけど)あるサービス、サービス。
テッパンの地方都市もので、電車も出てくるし、ご当地グルメ(三島コロッケ)も用意されていた。なのになぜ?