宮藤官九郎脚本、日曜劇場「ごめんね青春!」(TBS日曜9時〜)には、感動の駅伝、ゆるキャラ、不倫など、キャッチーな要素が散りばめられている上、好きな人には好きで好きでたまらない魅力にあふれております。視聴率はなかなか振るわないようですが、見る人と見ない人が合併したらいいのに! と願ってやみません。

ドラマはいよいよ後半戦。7話(11月23日放送)では、文化祭の準備と新たな校歌誕生と中井さん(黒島結菜)の転校が描かれました。
特に、この回、注目したいのは、ドンマイ先生(坂井真紀)と蜂矢りさ(満島ひかり)とコスメ(小関裕太)。
この3人が、各々のこじらせた病をどう解決していったか、そこを中心に振り返ってみたいと思います。あ。主人公の平助(錦戸亮)は別格です。別格なほど彼の病は深いです。なので、平助のことは最後に書きますね。

まず、ドンマイ先生。
男子校とんこーの唯一の女教師で、昔は可憐なマドンナキャラでしたが、独身のまま40歳を迎え、地味な眼鏡先生になっていました。それがある時、平助の兄一平(えなりかずき)と出会って恋に落ちてしまいます。彼女は一平が妻持ちと知らず、「ダメよ、ダメダメ」と言いながらも、恋にのめり込んでいきました。
7話では、一平が既婚者と知ったドンマイ先生は、恋を潔く諦めます。
一平とのことは恋のレッスンにして、「ずっと眠っていた獣の女子力」を引き出してもらった後、モテはじめるという素敵な展開に。