日曜劇場、宮藤官九郎脚本「ごめんね青春!」(TBS日曜9時〜)最終回を目前にして、こわいものなし、自由に解き放たれ、猛ダッシュをはじめたもようです。
一時は視聴率が5%代まで落ち込んだものの、11月30日放送の第8話では8.8%に上昇しました。おお、8並び。末広がり! 

縁起が良かった8話の、大まかなあらすじはこう。
息子・コスメこと守(小関裕太)が性同一性障害から、女子の制服を着用していたことを知った村井理事長(津田寛治)が激怒して、とんこーと三女の合併計画をご破算にすると宣言。準備していた文化祭までなしという大ピンチに、平助(錦戸亮)が奔走します。どうなるコスメ? どうなる合併? どうなる文化祭? という紆余曲折の果てが描かれました。

なにより秀逸だったのは、コスメと理事長が歩みよる場面です。
その小道具に、宮藤さんは、「ロッキー・ホラー・ショー」のDVDを使いました。正確には、「ロッキー・ホラー・ショー」のパッケージとその中身です。
爆笑と感動のカオスを生んだこのエピソードは、宮藤さんしか描けないものでしょう。
涙の駅伝とか転校などのエピソードは、正直、宮藤さんでなくても描ける気がするんですね。だからこそ、絶対誰もマネできそうにない「ロッキー・ホラー・ショー」のパッケージとその中身のDVDのエピをメインディッシュにもってきた回で視聴率が上がったことは喜ばしいです。
しかも、イケメンが「脱ぐ」のではなく「着る」(女子の制服を)という昨今のドラマの風潮に反したエピソードであることも、たまたまかもしれないけれど、拍手したい。