review

「半分、青い。」75話。律、結婚!相手は誰!

「半分、青い。」75話。律、結婚!相手は誰!
「夜空はいつでも最高密度の青色だ」DVD 通常版 ポニーキャニオン<br />より子役石橋静河の代表作。
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第13週「仕事が欲しい!」第75回 6月27日(水)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二  橋爪紳一朗

75話はこんな話


鈴愛(永野芽郁)は起死回生を賭けて新作「いつか君に会える」にチャレンジしはじめる。

「これは最後のチャンスだ」


晴(松雪泰子)から手紙をもらい、(中華街のお土産にもらったお面をかぶりながら)鈴愛に見合いをすすめる秋風。
それプラス、秋風は占いカットを描く仕事を持ってきた。引っ越し屋のバイトよりも時給は良くないが絵を描いていたほうがいいとありがたく引き受ける鈴愛。
雑誌の占いページのカットは新人や仕事の少ない作家のバイト代わりのようなこともあるが、人気作家が描く場合もある。

「いつか君に会える」という漫画を描くと言う鈴愛に、秋風はネームを見てやると言う。
「ひさしぶりに秋風塾だ!」「いいもの描けばページはとれる」「これは最後のチャンスだ」「それくらいの気持ちでいたほうがいいってことだ」などと言う言葉に、秋風が弟子である鈴愛のことを心配していることを感じる。

しかも、ボクテ(志尊淳)と連絡をとって、自分が漫画を描く代わりに鈴愛にもページをもらう約束を出版社ととりつけることまでする。
結局、鈴愛はデビューからずっと運の良さだけでやって来れていて、だからこそ、ここが正念場。自分のちからがどれだけか証明しないとならない。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年6月28日のレビュー記事
「「半分、青い。」75話。律、結婚!相手は誰!」の みんなの反応 7
  • 全世代に向けて 通報

    発信し、考えさせるようなドラマだ。娘を持つ友、息子だけの友、遠方の姑や実母とも話題にし、論じあっている。時に親として、また時には子供として、過去を振り返ってしみじみ考えたり。

    7
  • 匿名さん 通報

    >やがて故郷に戻る必然性を描かないといけないことと、国をあげての少子化対策も重要課題だ。  ドラマに、両方必要ですかね?無くても良いような▪▪▪

    5
  • 匿名さん 通報

    絵がうまいだけで、オチも山も意味もない漫画って多い。

    4
  • 匿名さん 通報

    > 3年も連載してたの? 多分、もっと長い。1999年の「もう何ヶ月載っとらん?」的な会話が正しいなら6年以上連載されていたことになります。連載打ち切り後に単発の読み切りを描いてたなら話は別ですが。

    3
  • 匿名さん 通報

    律が大阪に引越したのは就職のためであって、結婚はそのあとの話なのでは? 夏虫駅の一件の時はまだ京大の大学院生だったので「京都に」と言っただけでしょう。勿論、結婚に伴って新居は構えたかもしれないけど。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース