review

敬語は全部無視! 人気作家が訳す古典の新しさ「日本文学全集」

敬語は全部無視! 人気作家が訳す古典の新しさ「日本文学全集」
「池澤夏樹個人編集 日本文学全集」刊行記念シンポジウムが12月2日に行われた。左から、池澤夏樹、伊藤比呂美、酒井順子、中島京子、堀江敏幸。
       
2014年11月から河出書房新社でスタートした、池澤夏樹個人編集の日本文学全集。2011年3月に完走した世界文学全集の待望の日本版だ(詳しくは先日のエキレビ!記事を参照のこと)。
今回の日本文学全集が一味変わっているのは、古典に関しての扱い。よく知られた古典名作の多くを、若手の実力作家が新しく現代語訳する。森見登美彦の「竹取物語」、川上弘美の「伊勢物語」、桜庭一樹の「女殺油地獄」、古川日出男の「平家物語」……とにかく、「うわっ、ピッタリだ」と唸ってしまうような組み合わせが並ぶ。
編者でありながらも自身も「古事記」を訳した池澤は、作家たちに古典を引き合わせて、「変化」を期待する。では、作家から見たこの日本文学全集企画はどんなものなんだろう。

12月2日、早稲田大学で「池澤夏樹個人編集 日本文学全集」刊行開始記念シンポジウムが行われた。登壇したのは、池澤夏樹と、池澤から古典を託された作家たちだ。
「発心集」「日本霊異記」「説教節」──詩人の伊藤比呂美
「枕草子」──エッセイストの酒井順子(「負け犬」という言葉を作った人物としても知られる)。
「堤中納言物語」──直木賞受賞作家の中島京子
「土佐日記」──芥川賞受賞作家の堀江敏幸

「説教節」伊藤×「枕草子」酒井×「堤中納言物語」中島


前半は女性陣のトーク。彼女たちは古典にどのように接してきたのだろうか。

伊藤「古典にハマったのは樋口一葉の『にごりえ』から。『こんな面白いものが明治時代にあったんだ!』と感動した。アメリカに行って、身の周りに日本語がない状態で読んだから、よけいに面白さが身体に入ってきた。今回の日本文学全集の翻訳、人にやらすのがもったいない! 全部やりたい!」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。