現在公開中『ミュータントタートルズ』
監督は『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ。「ベイ・ヘム(ベイ+破壊行為(Mayhem))」という単語があるくらい派手にぶっ壊す映像で有名な監督。今回もニューヨーク摩天楼で、雪山で、最後の最後には「お前それ壊さなくていいだろ」ってものまでぶっ壊します。
歴代でもっともフォトリアルな、カメ度高い今作。女性レポーターのエイプリルと共に、シュレッダー率いるフット軍団の野望を阻止する……というお馴染みのストーリー。

ものすごいスピードでまくしたてるセリフ。バットマンのマネなどのパロディ。かっこいいというよりヤンチャなアクション。
明るいタートルズのイメージは、今までの通り。ところがよく見ると、アニメのタートルズと世界観が全く違う。
今作の亀たちが生まれるまでの「タートルズ」の歴史を追ってみます。

●パロディマンガだったタートルズ
タートルズは1984年、ミラージュ・スタジオ出版のアメコミから誕生しました。
ケヴィン・イーストマンとピーター・レアードが「のろまなカメが素早いニンジャだったら面白いんじゃね?」というノリで発案。
このスケッチに、『X-MEN』のスピンオフ作品『ニュー・ミュータンツ』から、ティーンエージャーらしさをピックアップ。さらに『デアデビル』に登場する、悪魔ザ・ビーストに仕える忍者集団「ザ・ハンド」をもじって、タートルズの敵対組織「ザ・フット」を作ります。