review

二階堂ふみの下半身、松たか子の二の腕がむきだす。松尾スズキ監督「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」

       
お金を使わずに生きていきたい。
公開中の映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」は、資本主義社会に背を向ける男の物語だ。
東京でお金恐怖症になってしまい、お金を使わずに生きていくために限界集落寸前の過疎の村にやって来た男が体験する、これまで知らなかった人間たちの営みのあれこれを描いたいがらしみきおの漫画「かむろば村へ」を松尾スズキが、福島県奥会津柳津町でのオールロケによって活写した。
「ジヌ」とは、村の方言で「金」のこと。銭(ゼニ)がなまって「ジヌ」になったのか。

主人公・タケこと高見武晴(松田龍平)は東京で銀行員をやっていたが、そこでのお金のやりとりのしがらみによってすっかりお金への恐怖心と嫌悪感が芽生え、触ることすらできなくなってしまった。
お金どころか東京での生活も何もかも捨てて、かむろば村に移住してきたタケは、100万円でボロ屋を買い、村の住人から畑を借り、1円もお金を使わずに自給自足しようと目論むが、そんなタケの言動を、村人たちは奇異な目で見る。
だが、タケにとっては、この村人たちのほうが奇異だった。
原作の人物描写力もすばらしいが、映画は、俳優の存在感と演技力と松尾の演出によって、一層魅力的になった。
やたら乱暴にものを放り投げるが、世話好きな村長・与三郎に阿部サダヲ。カメラが趣味の“神様”と呼ばれる謎の老人・なかぬっさんに西田敏行。パンチパーマでバイクに乗る姿がいさましい、いそ子に片桐はいり。神経細そうな村の助役・伊吉に村杉蝉之介。ワケあり感の漂う旅館の板前・勝男にオクイシュージ。タケに田んぼを貸している農家の男にモロ師岡。こわいのかかわいいのかよくわからないチンピラ青木に荒川良々。隣町のエロい議員に皆川猿時など濃い面子のほか、女優陣は、与三郎の妻・亜希子に松たか子。女子高生・青葉に二階堂ふみ。色っぽい旅館の女将に中村優子。助役と激しく口喧嘩ばかりしている妻に伊勢志摩と美女が揃う(片桐はいりを個性派俳優のほうにしてしまい申し訳ないが、革ジャン、革パンがオトコマエなんだもの。立ち姿が名作『マシーン日記』を彷彿とさせるかっこよさなのだもの)。松尾自身も、与三郎の過去を知るヤクザ役で強烈なインパクトを残す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。