review

大泉洋、門脇麦、田中泯、板尾創路…俳優たちの名言合戦「まれ」20話

       
朝ドラ「まれ」(NHK月〜土 朝8時〜)、4月21日放送第20話でも名言がたくさん飛び交いました。
まず、徹(大泉洋)の
「それじゃジジババ詐欺じゃないの!」
元治(田中泯)と文(田中裕子)と一緒に住もうと甘いことを言って、じつは塩田の土地を狙っているだけだった息子・哲也(池内博之)たちを非難する台詞です。

次は、
「公務員が絶対にしてはいけない事は何だ?
規則違反と公私混同だ。
仕事に私情を交えるな」
紺谷課長(板尾創路)が、希(土屋太鳳)に言い放つ、名言というか正論過ぎる正論。

そして、
「ふたりやったらパワーも倍になるがいね。
夢も絶対かなうような気がしてくる」
一子(清水富美加)は、圭太(山崎賢人/大でなく立のほう)とつきあってこう感じていると希に話します。

「うちらと希ちゃんが出会えたみたいに
誰かと誰かや出会える
懸け橋になるげんろ。
まんですてきな仕事やがいね」
みのり(門脇麦)が希を励ます台詞です。

「人間ちゅうがは
業の深い生き物やなと思て」
哲也の妻や娘たちの本音を聞いたときの一徹(葉山奨之)の、なにやら老成した感じのつぶやきは、姉譲り? どうも「まれ」の若者は妙に大人びた言い方をします。

あともうひとつ
「孤独に音楽に向き合うために移住してきたの。
それぐらい把握してない訳?」
土地に馴染めない移住者・シタールアーティストの京極ミズハ(内田慈)が希に言う、勘違いもはなはだしい台詞。

このように、「まれ」では、1話のなかで、我も我もといい台詞を吐きます。演技合戦という言葉がありますが名台詞合戦です。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年4月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。