review

徹底的にあさはかに描かれる主人公「まれ」76話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)6月25日(木)放送 第13週「運命カカオ64%」第76話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 川上剛
徹底的にあさはかに描かれる主人公「まれ」76話
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽 澤野弘之 SMR
7月15日発売予定

6月22日に発表された2015年度版「少子化社会対策白書」に合わせて内閣府が発表した20〜39歳の男女の意識調査(14年度)によると、未婚の男女で「恋人が欲しくない」と思うひとの割合は約4割。
恋愛が絶対視されていないのを感じるなかで、「まれ」13週では恋愛話が主として描かれ、しかもそれが複雑な二股愛的で、女友達のド修羅展開を迎えます。
そういえば、週タイトルの「カカオ64%」とは、上記の調査結果による「恋人がほしいひとは約6割」と偶然近い数字です。

女子同士が簡単に味方になったり敵になったり


輪島塗とケーキのコラボ企画のためにコンビを組んでいる希(土屋太鳳)と
圭太(山崎賢人/崎の大は立)がいい感じになっていると、半年間外国に行っていた大輔(柳楽優弥)が帰ってきます。
帰ってきたら交際の返事をする約束だった希はイエスの返事をして、ついにふたりは正式につきあいはじめることに。
大輔のまえで穏やかに微笑んでいる土屋さんですが、ほんの一瞬、微妙な顔になり、大輔に連れられて階段を降りていくところでも一瞬、足が止まります。
じつは圭太のことを割り切れてなくて、でも圭太と一子(清水富美加)のことを考えて身を引いたのに、横浜にやって来た一子から、圭太とは終わったと宣言されてしまうという間の悪さ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年6月26日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まれ

まれ

『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース