review

女の子は2番目に好きな人と一緒になった方がいい「まれ」77話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)6月26日(金)放送 第13週「運命カカオ64%」第77話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 川上剛
女の子は2番目に好きな人と一緒になった方がいい「まれ」77話
「連続テレビ小説 まれ 完全版」ブルーレイBOX1 [Blu-ray] 8月21日発売

や、やっぱり・・・ま、またもあっさり・・・。
希(土屋太鳳)は、文(田中裕子)に、「誰の心にでも のぞきゃ 人に言われん 黒うて や〜なもんやドロドロ眠っとる。」
「汚え心や や〜やったら 隠せばいいわいね。
誰にも見つからんように上手に隠して生きていきゃあいい。
ほやけど 自分にだけは隠したら駄目や。
誰や知らんでも 本当はここに汚ねえもんやあるちゅう事を
自分だけはちゃんと認めとくま。」
と助言され、大輔(柳楽優弥)とはつきあえないと断ってしまいます。

大輔は「よく言うでしょ 女の子は2番目に好きな人と 一緒になった方がいいって。」と一度だけ粘りますが、それ以上は彼女を責めることなくすがることもなく。これから山梨に(仕事の前乗りで)行くと言い、わざとズボンを脱いで、自分で断っておきながらなおもぐじぐじ言おうとする希を部屋から出て行きやすくします。器でかいな。

脚本は混ぜることなく


ドラマが描きたいのは、希がそもそも、自分から圭太を振って、そのあと彼を好きになって告白したら振られて・・・という経験をしているため、もう一度告白するのが「怖い」と勇気が出せず、でもその勇気を出せるかどうかってところのようです。大輔は、そのために機能するキャラとして存在していたと。情報伝達機能キャラのみのり(門脇麦)みたいなもの。これ、柳楽優弥と門脇麦が巧いから、機能キャラでもかろうじて機能だけにとどまらない魅力を出していて、相当ドラマが救われていると思います。

あわせて読みたい

  • ついにイケメン頼りか「まれ」74話

    ついにイケメン頼りか「まれ」74話

  • 徹底的にあさはかな主人公「まれ」76話

    徹底的にあさはかな主人公「まれ」76話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年6月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら