review

朝っぱらからどこに向かっているのか、制作側の挑戦か「まれ」67話

朝ドラ「まれ」((NHK 月〜土 朝8時〜)6月15日(月)放送 第12週「官能カスタードクリーム」第67話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:西村武五郎
朝っぱらからどこに向かっているのか、制作側の挑戦か「まれ」67話
「連続テレビ小説 まれ」完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray] 8月21日発売

夜のドラマぽい・・・。
チャレンジする気持ちはわかるのだけれど、朝ドラで何もわざわざ、夜のドラマっぽいことをする必要があるのだろうか、と月曜の朝から悩んでしまいました。
バレンタインがおわり、希(土屋太鳳)がついに、ケーキをひとりで任せてもらえることになります。
そのケーキは官能的な大人のお菓子「ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ」(Je t'aime moi non plus)ブリジット・バルドーとセルジュ・ゲンスブールの愛の歌から生まれたケーキです。
外光が入らず、ぬめっと赤い光がミステリアスな中華料理店・天中殺のなかで、輪子(りょう)が、「愛してる。俺も愛してない。」というミステリアスな詞で有名なシャンソン「ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ」をかけながら、
「愛してないって言われるからこそ女は執着するのよ」
「どんどんのぼりつめてく女の気持ち」
「愛はね支配したほうが勝ちなの」
と、愛の教育を施す。うっとりする美南(中村ゆりか)、ポカンとする希(土屋太鳳)。

喘ぎ声を希のアップにかぶせて


なんだこれ。おもしろを狙っているのか、本気で希に官能を学ばせようとしているのか、どっちに向かいたいんだ「まれ」!
なにかと朝ドラらしいとからしくないとか勝手なこと言う視聴者に対して、朝ドラらしさなんてないっていう制作側の挑戦でしょうか。
だとしたら、「ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ」の喘ぎ声を希のアップにかぶせて「つづく」にしてほしかった。
それこそ、「ケイゾク/特別篇」(99)で中谷美紀がバスのなかで喘ぎ声の練習している場面くらいやってほしいな、第12週。
(木俣冬)

エキレビ!にて月~土まで好評連載中! 木俣冬の日刊「まれ」ビュー全話分はこちらから

いまひとつ視聴率が伸びないが、奮闘は讃えたい。NHK朝ドラ「まれ」おさらい(54話までを総括))

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年6月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まれ

まれ

『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース