review

カタツムリで見せた妻への愛情「天皇の料理番」今夜最終話

       
4月から始まったTBSの日曜劇場『天皇の料理番』はいよいよ今夜、最終話を迎えます。明治末から昭和の戦後までを描く物語のスケールからすると1クールはいかにも短く(1980年に同じ原作で連続ドラマ化されたときは半年間の放送だったわけですし)、展開早すぎ! と思うことも少なからずありました。

しかし一方では、そんな制約を、ディテールにこだわるなど丁寧な描写でカバーしていたとも思います。とくに7月5日放送の第11話では、時間経過をいかに見せるかという工夫がよくうかがえました。
カタツムリで見せた妻への愛情「天皇の料理番」今夜最終話
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時~)最終話より。篤蔵(写真左。佐藤健)はいかに戦時中をすごし、そして終戦を迎えるのか。

妻との残りの日々を丁寧に描写


関東大震災で延期となっていた皇太子(のちの昭和天皇)の御成婚が挙行されたのもつかの間、1926年の末には大正天皇が崩御します(劇中の新聞には「天皇陛下崩御」の見出しが掲げられていましたが、実際には「聖上崩御」だったんじゃないかと思うのですが、それはまあともかく)。年が明けて、2月に行なわれる大喪での午餐会の準備で篤蔵(佐藤健)は忙しい日々を送っていました。

そのさなか、妻の俊子(黒木華)が心不全で倒れます。すでに関東大震災の直後にその兆候は表れていたにもかかわらず、医者にも見せないまま家庭と産婆の仕事を両立してきた過労がたたったのでしょう。

それから約1年間、篤蔵は俊子の体が少しでもよくなるよう食事をつくり続けます。それとあわせて、俊子と家族との日々が季節の移り変わりとともに丁寧に描かれます。節分や端午の節句といった年中行事を子供たちとともに楽しみ、梅雨時にはアジサイの葉を這っていたカタツムリを窓の外に見つけ、夫婦で眺めるという場面もありました。このとき、カタツムリが窓から見えなくなったのに意気消沈する俊子に、篤蔵はカタツムリを元の位置に戻してやります。そんなさりげない行動に、彼の心の優しさを感じます。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュース

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

2015年7月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。