review

2000人分の食用ザリガニはなぜ逃げたのか「天皇の料理番」今夜10話

平成の天皇即位の礼はいまからちょうど25年前、1990年に東京で行なわれました。30代以上の世代には、天皇・皇后両陛下がオープンカーで都心をパレードされたことを覚えている方も多いでしょう。しかし、その前の昭和天皇の即位大礼が行なわれたのは東京ではなく、かつての都である京都でした。

さらにさかのぼれば、大正天皇の即位大礼もやはり京都で行なわれています。ようするに天皇の即位式は、平成になって初めて東京で挙行されたのです。この事実からすれば、じつは日本の首都が真の意味で京都から東京に移ったのは明治維新より120年以上も経った平成になってからと言うこともできるのではないか……と、ふと考えたのですが、さすがに無理がありますかね。

宮中の理不尽なしきたりに戸惑う篤蔵


さて、TBSの日曜劇場「天皇の料理番」第9話(6月21日放送)は、パリでの修業から帰国した篤蔵(佐藤健)がいよいよ題名どおり天皇の料理番=宮内省の大膳寮の厨司長となり、大正天皇の即位大礼の大饗で供する料理づくりという大仕事を任されることになります。
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時〜)第10話では、篤蔵と俊子がふたたび結ばれ家庭を築き10年の時が経つ

しかしいざ厨房に入ったものの、リンゴなどの果物を切ってお上(天皇)にお出しするのは、「腹を切る」に通じるとの理由でご法度と教えられるなど、篤蔵は宮中の理不尽なしきたりに戸惑うばかり。しかも篤蔵から何を言ってものれんに腕押しで張り合いがない。彼が陰でこっそり「売られたケンカは買えやー!」と叫ぶのもわかります。

この記事の画像

「2000人分の食用ザリガニはなぜ逃げたのか「天皇の料理番」今夜10話」の画像1 「2000人分の食用ザリガニはなぜ逃げたのか「天皇の料理番」今夜10話」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天皇の料理番」に関する記事

「天皇の料理番」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天皇の料理番」の記事

次に読みたい「天皇の料理番」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

お買いものリンク