review

実際にあった関東大震災の宮内庁炊き出し「天皇の料理番」今夜

「まさか、のく蔵がこうなるとは思ってもみませんでしたな」(高浜金之助/日野陽仁
「ひっでぇもんでしたからな!」(秋山修蔵/杉本哲太)

秋山家と高浜家が集まり、祝い膳を囲む楽しげな場面からスタートしたTBS「天皇の料理番」第10話(6月28日放送)。行方知れずになっていた俊子(黒木華)は東京で産婆として働いており、パリから戻った篤蔵(佐藤健)と再会。もう一度一緒になってほしいと懇願され、再婚を決める。夫婦として再スタートを切ったふたり。大正12年(1923年)には長男・一太郎(滝本飛龍)は7歳となり、その下に長女・初江と生まれたばかりの次男・周太郎と、3人の子どもに恵まれていた。

長男・一太郎は、しょっちゅう家をあけ、たまに帰ってきたかと思うと酔っ払っている父親に反発を覚えている。篤蔵にも言い分はあるが、「天皇の料理番」であることを子どもたちには明かしておらず、明かしたくないとも思っているため、歯切れが悪い。一太郎は頑固で負けず嫌いなところも、篤蔵にそっくり。俊子のフォローにも納得がいかない様子。そんな折、篤蔵一家は関東大震災に遭遇する。
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時〜)第11話より。協力して大震災を乗り切った篤蔵(佐藤健・写真右)と宮前(木場勝己・写真左)

お父さん……お湯をください!


大正12年(1923年)9月1日、相模湾を震源地とするマグニチュード7.9の巨大地震が関東地方を襲う。九条侯爵邸で出張料理の準備をしていた篤蔵。揺れがおさまるのを待ち、外に出るとあちこちで火の手が上がっている。動揺しながらも皇居に向かって走り出す。大膳寮に到着した篤蔵は宮前勝之助(木場勝己)の強い勧めもあり、いったんは家族のもとに向かおうとする。しかし、被災した人々が続々と皇居前に集まりつつあるのを見て、大膳寮に戻る。

この記事の画像

「実際にあった関東大震災の宮内庁炊き出し「天皇の料理番」今夜」の画像1 「実際にあった関東大震災の宮内庁炊き出し「天皇の料理番」今夜」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天皇の料理番」に関する記事

「天皇の料理番」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天皇の料理番」の記事

次に読みたい「天皇の料理番」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

お買いものリンク