review

本当にあった俊子の鈴「天皇の料理番」最終回を振り返る


「大丈夫です。俊子がついていてくれますから。
石にかじりついてでも、アメリカの温情をかってみせるんです」(秋山篤蔵/佐藤健)


ついに最終回を迎えたドラマ「天皇の料理番」(TBS)。第12話(7月12日放送)では、終戦を迎えた日本で「天皇の料理番として何ができるか」を模索する篤蔵(佐藤健)の姿が描かれた。1945年8月15日正午、昭和天皇がラジオで国民に終戦を知らせる「玉音放送」が流れる。涙を流し、うなだれる大膳寮の人々の輪を離れる篤蔵。「夕食には何を食べていただこうか……」と青菜を洗い始める。
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時〜)第12話より。ドラマでは昭和47年、天皇の料理番を辞任するまでが描かれた

また、連合国軍総司令部(GHQ)がやってくると、機会があるごとに司令部に出かけ、料理はもちろん、あらゆる雑用を請け負う。日本に対する心証を良くして、皇室の処遇を寛大にしてもらおうという意図があった。しかし、宮内省内での反発は大きく、篤蔵自身も屈辱的な扱いをたびたび受ける。きわめつけはGHQの将校たちとその家族を招いた接待イベントでの嫌がらせだ。

日本男児の意地を見せた「鴨踊り」


篤蔵ら大膳寮の面々はGHQの要請で屋外にテーブルをセットし、料理を振る舞う。宇佐見(小林薫)や辰吉(柄本佑)、新太郎(桐谷健太)も助っ人に駆けつける。料理の評判もよく、将校たちや家族もご機嫌。そんな中、篤蔵は俊子(黒木華)にもらった形見の「鈴」がないことに気づく。慌てて周囲を探し回る篤蔵の背後にアメリカ人将校が近づき、池に蹴り込む。ずぶ濡れになった篤蔵をさらに挑発する。篤蔵はもはや我慢の限界、爆発3秒前といったところで、俊子の鈴が鳴る。

この記事の画像

「本当にあった俊子の鈴「天皇の料理番」最終回を振り返る」の画像1 「本当にあった俊子の鈴「天皇の料理番」最終回を振り返る」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天皇の料理番」に関する記事

「天皇の料理番」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天皇の料理番」の記事

次に読みたい「天皇の料理番」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

お買いものリンク