review

親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか

       
親目線で見ると泣ける「BORUTO 」  細田守 「バケモノの子」を超えたか
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

公開初日から3日間で観客動員数51,6万人、興行収入6.8億円を記録したという映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』。「バケモノの子」と同じく父子関係がテーマになっています。ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが評価を語り合いました。

『BORUTO』と『バケモノの子』をめぐって評価まっぷたつ!


親目線で見ると泣ける「BORUTO 」  細田守 「バケモノの子」を超えたか
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

藤田 漫画版の『NARUTO』が完結し、それを引き継ぐような形で、次世代を描く『BORUTO』が「新時代開幕プロジェクト」として始まりました。

飯田 今回の映画は、お話的には、7代目火影(忍の里のボス的存在)になった前作の主人公ナルトの息子であるボルトが、忍者として中忍試験の合格をめざして、ナルトのライバル・サスケの娘であるサラダたちとチームを組んで奮闘するいっぽう、サスケがあれこれ調べている不穏なきざしが忍の里に迫ってくる、と。
『BORUTO』はオリエンタルな世界を舞台にした「父子テーマ」作品の夏休みアニメ映画という意味で『バケモノの子』と似ている。主人公の子どもに実父と師匠の二人の父親的存在がいるのが同じ。今作では実父がナルトで、師匠(『バケモノ』の熊徹ポジション)がサスケ。
 闘技場でバトルしてる最中に事件が起こってクライマックスに、っていう展開までいっしょ。で、僕は『BORUTO』の方がいいと思った。

藤田 ぼくは、『バケモノの子』の方が上だと思う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか」の みんなの反応 1
  • とおりすがり 通報

    主人公の魅力がなさすぎる。というか不快。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。