review

『いつも心に立川談志』師匠を囲んだ弟子が感情移入しておいおい泣く。それは師匠の最も嫌うところです

       
立川談志は夫人のことを「ノンくん」と呼んでいた。
ノンくんこと則子夫人は父親が読売新聞社の記者として働いていた堅い家に生まれ、第一生命ホールで働いていたときにまだ二つ目で小ゑんと名乗っていたころの談志と知り合った。夫・24歳、妻・22歳の若い夫婦が出来上がる。だが談志は則子夫人が自分の住む古い世界の色に染まることを嫌い、徹底して落語界から遠ざけた。通いでやってくる弟子たちにも、自分の家族の仕事は絶対させなかったのである。「あいつらは俺の弟子であって家族の弟子ではない」というのが談志の信念だった。
その結果、ノンくんは、落語家の妻らしい女性、いわゆる「おかみさん」にはならなかった。落語にもほぼ無関心で、「談志十八番の「野ざらし」をあざらしが出てくる落語だと思っていた」(『人生、成り行き』新潮文庫)ほどだという。
『いつも心に立川談志』師匠を囲んだ弟子が感情移入しておいおい泣く。それは師匠の最も嫌うところです
『いつも心に立川談志』立川談四楼 橘蓮二(写真)/講談社

晩年の談志のたまらない笑顔


その則子夫人が、おそらくは生涯で最初で最後の推薦文を書いた。写真・橘蓮二、文・立川談四楼の写文集『いつも心に立川談志』である。

──蓮二さんの写真のなかで談志(パパ)はいまも私といっしょに生きています。

写真家の橘連二は2004年ごろから談志の高座姿などを写真に撮り始めた。はじめは無関心を装っていた談志だったが、2006年秋になって突然橘に声を掛け「お前はもう好きにしていい、いつでも撮らせてやる」と認める発言をした。それからは楽屋などにも出入りが自由になり、より近い場所での撮影ができるようになった。談志は2011年11月に亡くなったが、その最晩年の5年間を写真に収め続けたことになる。
『いつも心に立川談志』に収められているのは、そうした日々の談志の姿だ。毒舌で名を馳せてマスコミの寵児となって参議院議員まで務め、落語協会を飛び出し、子飼いの弟子だけではなく各界の著名人を門下に入れて落語立川流を創設し、といった壮年のころの眩いばかりの輝きは、本書の写真にはない。ここにあるのは、そうした尖鋭さとは無縁の温もり、そして静謐さを感じる時の流れだ。老いと共棲するようになった談志の姿を本書では見ることができる。

2012年、橘の元に突然、則子夫人からお礼の電話が入った。

「いただいた写真と一緒にいるとパパがまだ生きているみたいで寂しくないの、ありがとう」

展示会で使用した後に差し上げた談志の写真の中に、則子夫人お気に入りの一枚があった。それをいつもそばに置いて過しているのだという。
橘にとっては嬉しい驚きとなった。それがきっかけで本書の企画も生まれている。

恩讐を超えた思いが籠もる


文章を担当したのは談志高弟の一人、立川談四楼だ。師の没後は立川流を運営する理事の一人となり、一門をしっかりと支える鼎の役をこなしている。2014年に立川流では二つ目を対象とした真打トライアルが行われ、無事に5人の昇進が内定した。そのトライアルを積極的に進めていたのも談四楼である。

談四楼と師の間には穏やかな日々ばかりがあったわけではない。突然、理不尽な理由で破門を言い渡されたこともあった。それも前座や二つ目といった駆け出しのころではない。真打に昇進し、自らも弟子をとる身分になったころに、突然破門と告げられたのだ。そのことを談四楼は自著『談志が死んだ』に書いている。そうした波乱があったからこそ見えてくる部分もある。談志が一人胸に秘め、口に出せないからこそ昏く燃え盛ったであろう懊悩の炎を、家族以外では唯一知る人と言ってもいいだろう。さまざまな葛藤はあったかもしれないが、すべて過ぎ去ったことだ。談四楼は自らの文章を「師匠への手紙」と題し、亡き師に語りかけるように綴っている。書き出しは、このように始まっているのである。

──それにしても師匠、いい笑顔ですね。毒舌を一瞬にして相殺して余りある笑顔は昔から売りでしたが、それにしてもいい笑顔です。しかも柔和です(「詮ないこと」)

談志と弟子たちが最後に顔を合わせたのは、行き着けのバー・美弥でのことだった。しばらくぶりに姿を現した談志は首のスカーフを取って、喉元に空いた穴を見せつけた。喉頭がんの手術のために、声帯を失ってしまったのだ。愕然とし、沈黙するしかない弟子たちを前に、則子夫人がこう言った。

「パパは落語家なのに喋れなくなったのよ」

──(前略)ドカンと笑いました。あのオカミさんのひと言は笑いの間だったのです。本当に助かりました。あれがなかったら泣くところでした。師匠を囲んだ弟子が感情移入しておいおい泣く。それは師匠の最も嫌うところです。そうですよね。(後略)

談志の死後、遺体は密葬にて荼毘に伏された。死に目に会えなかったことを引きずる弟子もいるが、談四楼は「師匠に取り縋って号泣する」弟子たちという愁嘆場を晒さなかったことは良かったのだと結論づける。「他の一門のウェットな師弟を見ていると、睦まじいのはけっこうですが、何かから目を逸らし、楽をしているように思えるのです」と。情だけではなく、互いの才によって結びついた関係ゆえの厳しい姿勢がそこにある。師とともに40年以上も歩んだ高弟だからこそ書ける一文だ。

「立川流健在なり」を師に報告


談志亡き後の一門の動向についても、幹部ならではの視点で綴られている。ゴシップ好きな読者はそちらも楽しみのはずだ。
落語立川流といえば2014年12月にちょっとした騒動が持ち上がったことをご記憶の方もいるだろう。理事の要職にあった立川談幸が2014年末をもって立川流を退会し、落語芸術協会に移籍することが突如発覚したのだ。談幸は談志に唯一内弟子を許された腹心であり、立川流の良心とも言われた人だったから寝耳に水でファンはみんな驚いた。しかもその情報をリークしたのが、同じく立川流重鎮の立川左談次のツイッター発言だったのだから、さらに驚きである。口の悪い者は「立川流終わりの始まり」などと揶揄したこの一件のことも、本書には詳しく触れられている。念のため書いておけば移籍は円満に完了し、今も談幸本人と落語芸術協会、そして立川流の関係は良好である。

立川談志が泉下の人となってから四年近くが経つ。去る人は日々に疎し、とは言うけれど、もちろん今でも寂しい。今でもときおり新しい音源のCDや著作が発売になるが、そのたびに嬉しく買い求めはするものの、やはり寂しい思いはぶり返してしまうのである。
本書は、そういうファンのための本だと思う。この本を手に取ると、私の父が亡くなったときに寺の住職からいただいた言葉を思い出す。

居ますが如くに祀りなさい。

そこに居るが如くに日々を過ごし、その気持ちを持って故人の魂が安からんことを祈る。
いつもそこに「居ます」人を思うための一冊として、すべての立川談志ファンにお薦めする。
(杉江松恋)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『いつも心に立川談志』師匠を囲んだ弟子が感情移入しておいおい泣く。それは師匠の最も嫌うところです」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    結びの文が素敵です。 伝える事とは別に、こういった記者の視点が整理整頓されて添えられている文章が私は好きです。 杉江さんの筆致に暖かみが感じられ、作品そのものや談志の人となりにも関心が持てました。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「立川談志」に関する記事

「立川談志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「立川談志」の記事

次に読みたい「立川談志」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。