90s

90年代後半の清涼飲料水市場に起こった「ニアウォーターブーム」とは?

今春に起こった『南アルプスの天然水&ヨーグリーナ』(サントリー)の大ヒットで、1990年代後半に小学生だった私は、ふと98年の『桃の天然水』(JT/96年発売)大ブームを思い出した。CMで人気絶頂だった華原朋美が言っていた「ヒューヒュー」のフレーズは、当時の流行語にもなるほど。
また、今でこそ珍しくないけれど、無色透明なのに果汁感のあるフレーバーウォーターは、子供心にとても新鮮で興奮した記憶がある。
90年代後半の清涼飲料水市場に起こった「ニアウォーターブーム」とは?

ちなみに『桃天』が発売された1996年は、500ml以下の小容量ペットボトル飲料の国内生産が解禁された年でもあり、これまでの350ml缶における「一度開けたらすぐに飲み干す」という前提が「時間をかけて少しずつ飲む」へと変わり、清涼飲料水のあり方に大きな変化が起こった時期でもある。ということで今回は、1996年~2000年にかけての清涼飲料水の歴史を調べてみることにしました。

【90年代後半の清涼飲料水事情「ニアウォーターブーム」】


1990年代後半は、『桃天』の他にも、中田英寿プロデュースで話題だった『オープラス』(アサヒ飲料/98年発売)、『サプリ』(キリンビバレッジ/97年発売)といった、無色透明で、ジュースというよりも水に近いビジュアルだったり、ヘルシーさや栄養機能を重視した商品がが各社からこぞって発売された時期でもある。

上記の特徴を持つ商品の台頭は、1995年頃から起こり始めた「ニアウォーターブーム」の影響が大きいようだ。ニアウォーターとは平たく言うと「清涼飲料水とミネラルウォーターの中間」に位置する飲料のこと。一般的なジュースよりも甘さ控えめで低カロリー、ミネラルや栄養素が入っていること、着色料不使用で、無添加・ヘルシーな印象を与えるさっぱりした飲み心地などが特徴だ。これも、90年代始めに起こった「天然・自然なものを重視する」という消費者の食ライフスタイルの変化、健康志向が影響している。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年9月15日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース