review

総括。惨状の日本から生まれたドラマ「まれ」最終回

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)9月26日(土)放送。第26週「希空ウエディングケーキ」第156話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 渡辺一貴
総括。惨状の日本から生まれたドラマ「まれ」最終回
「まれメモリアルブック」NHK出版 

156話は、こんな話


2015年8月10日、徹(大泉洋)も戻ってきて、希(土屋太鳳)と圭太(山崎賢人)の結婚式がはじまった。家族、能登の人々・・・に祝福されるなか、希は「故郷って場所じゃのうて ほこで会われた大切な人たちなのかもしれんって思いました」と挨拶。それから「私は夢が大好きです」と微笑んだ。

「まれ」が挑んだもの


「ハレとケ」という言葉があって、「ハレ」はお祝い事などふだんと違う日、「ケ」は日常を言います。
「まれ」全156回のうち、希にとってパーッと華やいだハレの日は、最終回の結婚式だったようです。
今までずっとカジュアルな服を着ていた希が、若さの象徴・デコルテと二の腕全開、肌を輝かせたウエディングドレスで別人のようでした。
世界一のパティシエになるとか、すくなくともそこにかなり一歩近づくとか、そういう自己実現をして終わっていくことがきっと「ハレ」だと、ドラマがはじまった頃は想像していました。「夢が嫌い」と言いながら、本当はあふれるほどの夢をもっている少女が、次第に夢に一直線になっていくのだろうと。
ところが、「まれ」はそうではなかった。
確かに、次第にケーキづくりの夢を自覚して、そこに向かっていきはしたのですが、一筋縄ではいかず、希は“夢に向かう人間はこうであれ!“という定式をことごとく裏切り続けました。

あわせて読みたい

  • 30歳過ぎて日本一は恥「まれ」154話

    30歳過ぎて日本一は恥「まれ」154話

  • 小日向さんの笑み可愛い「まれ」153話

    小日向さんの笑み可愛い「まれ」153話

  • 大泉洋は無垢な男日本一「まれ」152話

    大泉洋は無垢な男日本一「まれ」152話

  • 小日向文世と大泉洋頼み「まれ」151話

    小日向文世と大泉洋頼み「まれ」151話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年9月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら