90s

羽賀研二の当たり役? アニメ映画となった「ストII」の凄さ

羽賀研二の当たり役? アニメ映画となった「ストII」の凄さ
80年代末に登場した2D対戦型格闘ゲーム『ストリートファイター』の第2弾として、1991年に登場した『ストリートファイターII』、通称ストII。
全国のゲームセンターで爆発的なヒットを飛ばし、翌年にはスーパーファミコンにも移植。その勢いは国内のみにとどまらず、アメリカ、アジア、ヨーロッパと全世界にも飛び火、続編の『ストリートファイターIIターボ』と合わせて累計1500万本以上を販売した歴史に残るゲームだ。

そんなストIIがアニメ映画となったのが1994年。スーパーファミコンとメガドライブでの『スーパーストリートファイターII』の発売(どちらも定価10,900円と時代を感じる驚異の高額)に合わせて、『ストリートファイターII MOVIE』が全国ロードショーにて封切られたのだ。
映画はアーケード版の『スーパーストリートファイターII』が原作。なので、この時点での登場キャラクター16人がすべて参加する作品となっている。

【篠原涼子最大のヒット曲が主題歌】


監督・脚本は『銀河鉄道の夜』『タッチ』シリーズを手掛けた杉井ギサブロー氏、キャラクターデザインは『機動戦士ガンダムF91』の村瀬修功氏と、超豪華! と言っても、アニメファン以外にはなかなかピンと来ないかも……。

しかし、主題歌が何より豪華!
篠原涼子 with t.komuro『恋(いと)しさとせつなさと心強さと』なのだ。
初回出荷枚数2万枚、オリコン初登場28位と、平凡なスタートを切りながらも息の長いヒットを続け、最終的にはダブルミリオンを記録。時代を超えて愛される名曲となっている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「羽賀研二の当たり役? アニメ映画となった「ストII」の凄さ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    27cmだっけ? ケンのペ二ス。波動拳!

    2
  • 匿名さん 通報

    羽賀研二の声の演技はカスやったやないですか。声優の声の演技ナメんな?別物だろ

    1
  • 匿名さん 通報

    2007年に本人が恐喝容疑で捕まってから、DVDも廃盤になったしな。新配役アフレコでの再発売を望む。ソニーは全然やる気なさそうだが。

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュース

次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュースをもっと見る

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月16日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。