review

新次郎が読んでいた歌舞伎とあさの実家の意外な関係「あさが来た」32話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)11月3日(火)放送。第6週「妻の決心、夫の決意」第32話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:佐々木善春
新次郎が読んでいた歌舞伎とあさの実家の意外な関係「あさが来た」32話
NHKドラマガイド「連続テレビ小説 あさが来た」Part1 NHK出版

32話は、こんな話


加野屋にやって来た忠興(升毅)は、あさが炭坑商売に夢中で、旦那さん新次郎(玉木宏)の世話をしないことを厳しく叱る。
だが、あさの炭坑への思いは強まるばかりで、嫁入り道具を売ることまで考える。
そんなあさを横目に、新次郎はまた三味線の師匠・美和(野々すみ花)の元へーー

子供から大人へ


「(姉との人生を比べて)何が幸せかなんてわからへん」と言って、忠興に「大人びたことを言って」と感心させるあさ。
それまでは、忠興にとってあさは、おいどを叩いて叱らないといけないような子供だったのが、ようやくその認識が変化して、あさが成長していることを認めていく。
そして、炭坑商いの可能性には同意しつつ、その厳しさーーしっかりした男の棟梁が必要であるなどとアドバイスもする。
さすが、新政府に認められて、日本経済の中心を担う実業家になったおひと。
舅・正吉(近藤正臣)は、あさを認めていて支えにはなってくれそうだが、むしろ彼女についていこうという感じがするのに比べて、あさに厳しく言えるのはやっぱり実父の忠興だけなのだ。

それにつけても、忠興、眉山家を助けてあげてもいいんじゃないかとどうしても思ってしまうが・・・そこはじっと我慢なのか。

新次郎と近松


新次郎が読んでいた近松門左衛門の「御曹司初寅詣」は、室町時代に書かれた「義経記」を下敷きに書かれた歌舞伎で、源義経が、鬼一法眼という陰陽師から兵法書を獲得するために、娘の恋心を利用するお話だとか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「あさが来た」に関する記事

「あさが来た」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あさが来た」の記事

次に読みたい「あさが来た」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2015年11月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。