review

新次郎の色気に気を揉むばかり「あさが来た」31話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)11月2日(月)放送。第6週「妻の決心、夫の決意」第31話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:佐々木善春

31話は、こんな話


惣兵衛(柄本佑)が行方知らずになってしまった。だが、はつ(宮崎あおい/崎の大は立)は子供ができたからか毅然としている。それに比べてあさ(波瑠)は、新次郎(玉木宏)が出歩いていてなかなか帰ってこないことを気に病みながらも、商いのことに夢中になっていた。
横浜に異動になった五代(ディーン・フジオカ)は新政府を辞めて、大阪に戻る決意をする。

新次郎と浄瑠璃


第6週は、3人めの演出家の登板
朝ドラでは「ごちそうさん」「マッサン」、大河ドラマは「平清盛」「八重の桜」などを手がけている佐々木善春。気になるのは、彼が「派遣のオスカル〜少女漫画に愛をこめて」にも参加していること。少女漫画を意識した世界観は「あさが来た」にも若干そういういうところがあるので、親和性があるかなあと。

さて、今週は月曜の朝から新次郎の色気が発揮された。
でもそれは三味線のお師匠・美和(野々すみ花)に対してで、肝心の妻あさには発動しない。もったいない。
あさは色気より商い。お家のためになんとか商いをもり立てようとしている妻の心を新次郎は「嫁さんやのうで男のしゅうと話してるみたいやわ」と理解しない。いや、聡明な新次郎だから、理解はしていてもナットクできないというところか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2015年11月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。