review

審査員世代交代が吉と出た「M-1グランプリ2015」の心地よさは採点データにも現れていた

「俺を誰だと思ってるんだ。斎藤さんだぞ?」

12月6日、5年ぶりに行われた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2015』(テレビ朝日系)。メイプル超合金、馬鹿よ貴方はと強烈なキャラ2組から始まり、司会の今田耕司も思わずも「やべぇヤツの大会になってません!?」とコメントするほどのスタート。終わってみれば、敗者復活から勝ち上がったトレンディエンジェルが11代目王者の栄冠に輝き、2人の額も輝きを増した。
審査員世代交代が吉と出た「M-1グランプリ2015」の心地よさは採点データにも現れていた
M-1グランプリ、11代目王者はトレンディエンジェル!「斎藤さんだぞ?」
(イラスト/小西りえこ)

観ていて心地いい大会


これまで島田紳助や松本人志、オール巨人など、言わばお笑い界の“権威”が審査員を務めてきたM-1グランプリ。今回、5年ぶりに復活するにあたって審査員を一新。歴代のM-1チャンピオン9名が審査員席に並んだ。その結果、スタジオ内で一番芸歴が長いのは司会の今田耕司になった。

今回のM-1グランプリ、もちろん緊張感はあるにせよ、これまでのピリピリムードとはすこし異なるように感じた。観ていて純粋に楽しい、多幸感あふれる大会になったのは、この世代交代の影響が大きいのではないかと思う。

ネタ終了後に点数が発表されるときも、MC席と審査員席でのキャリアの高低差に以前ほど開きがない。審査員よりベテランの今田耕司が若手の横についているからだ。今田の「どうでしたかのんちゃん」の振りにフット岩尾が「審査員として威厳がなくなるんで、のんちゃんやめてもらえますか」と返したり、笑い飯哲夫の「えこひいきになるとあかんので2点低くつけた」というボケにスーパーマラドーナ武智が「何やお前!」と絡むなど、これまでのM-1にないタイプのやり取りも多かった。

あわせて読みたい

  • いよいよ12/6「M-1」をイラストで予習

    いよいよ12/6「M-1」をイラストで予習

  • キングオブコント採点分析で見えた真実

    キングオブコント採点分析で見えた真実

  • 芸人ガチサバイバル「笑けずり」が凄い

    芸人ガチサバイバル「笑けずり」が凄い

  • 小峠「芸人がネタ考える以外何がある」

    小峠「芸人がネタ考える以外何がある」

  • レビューの記事をもっと見る 2015年12月7日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース