ヘヴィメタル界の重鎮「モーターヘッド」のフロントマン、レミー・キルミスターが昨年末(2015年)亡くなった。享年70歳。死因は癌だった。
愛すべきろくでなし、レミー・キルミスターのイカレた半生に震撼せよ
『極悪レミー』(キングレコード)。2015年には『レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー』(ロフトブックス)も刊行された。

メタルのみならず、パンク・ハードコア界隈などからもリスペクトされるレミーゆえ、この突然の訃報には多くの人間が衝撃を受けた。私は12月29日の朝にツイッターで知り、その日はまったく仕事が手につかなかった。「核戦争が起こっても、レミーとゴキブリは生き残る」と言われた男が死んだのである。やはり信じられない……。

「セックス・ドラッグ・ロックンロール」以外の何ものでもない


レミーは、「セックス・ドラッグ・ロックンロール」を地でいく男だった。あれだけ無茶をして70歳まで生きたというのは、考えようによっては「長生き」とさえ言えるかもしれない。

そんなレミーの生き様を振り返るには、2010年に今はなきシアターN渋谷にて公開されたドキュメンタリー映画『極悪レミー』(『Lemmy 49%motherf★★ker. 51%son of a bitch.』と原題も最高)が最適だ。レミー本人へのインタビューはもちろん、彼を尊敬するミュージシャンや関係者の証言、ライブ映像などをたっぷり詰め込んだ充実の作品である。

とかく面白いエピソード&トンデモ発言には事欠かない。ちょっとだけ紹介すると……(以下、大意です)

・ジミ・ヘンドリックスのローディー兼ドラッグの調達係をしていた(レミー曰く「LSDを10錠持っていくと3錠くれるんだ」。ジミヘン気前いい)