review

芥川賞は滝口悠生「死んでいない者」が本命!又吉直樹と羽田圭介の次のスターを予想する

       
ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談。今回は「第154回芥川龍之介賞」の受賞作を予想します。

又吉直樹と羽田圭介の次の芥川賞


藤田 さて、芥川賞の季節がやってきました。前回の受賞は、又吉直樹さんの『火花』と、羽田圭介さんの『スクラップ・アンド・ビルド』で大変話題となりました。さて、その次! というジャーナリスティックな期待が集まっている、かと思います。作家さんには迷惑かもしれませんがw
 さて、それで、全六作の候補作全てについて、ぼくら二人で実際に読んで評して、どれが受賞するのか予測してみようじゃないかというのが、今回です!
 候補作は、石田千「家へ」、上田岳弘「異郷の友人」、加藤秀行「シェア」、滝口悠生「死んでいない者」、松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」、本谷有希子「異類婚姻譚」。なかなか面白い候補作ですね。

飯田 僕は滝口悠生さんの作品がもっとも芥川賞らしいだろう、と思いました。

藤田 はい、ぼくも今回の本命は滝口悠生「死んでいない者」だと思います。次点が、松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」かな。

飯田 その予想(?)は一致してるなあ……。
芥川賞は滝口悠生「死んでいない者」が本命!又吉直樹と羽田圭介の次のスターを予想する
滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』

藤田 価値観や趣味は違う筈なのに、一致するのは不思議ですねw
 滝口悠生は、前回の芥川賞候補になった『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』で、震災と記憶のテーマを扱いました。今回も、技法としては同一線上で、時間や主体がぐちゃぐちゃになった中を、音楽的文体で突き抜けていく作品。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。