review

映画監督・森田芳光が北川景子に渡した自作「の・ようなもの」とは

先ごろDAIGOとの結婚を発表した北川景子の映画デビュー作は、森田芳光監督の「間宮兄弟」(2006年)である。

この映画のオーディションを受けたとき、北川の機嫌は最悪だったらしい。当時大学生だった彼女はそのあと体育の授業に出るつもりが、オーディションの時間が押したおかげで出られず単位を落としてしまったからだ。オーディションでは、森田の「ぼくが誰だかわかりますか」との質問に「わからないので自己紹介してください」と答えたところ「監督の森田です」と返され、これで落ちた! と思ったという。しかし結果は合格で、劇中に登場する姉妹の妹役(姉役は沢尻エリカ)に選ばれる。のちに森田は北川に「森田芳光だと知ってペコペコするようでは、俺はあんまりよくないと思う」と伝えたとか。北川はこのあとも「サウスバンド」「わたし出すわ」と森田作品に出演、森田をして「松山ケンイチと北川景子は僕の狙いが的確にわかる。感性が近いところがある」と言わしめる(キネマ旬報臨時増刊『映画作家 森田芳光の世界』)。
映画監督・森田芳光が北川景子に渡した自作「の・ようなもの」とは
森田芳光監督が映画初出演の北川景子に渡したという「の・ようなもの」DVD

その森田が「間宮兄弟」の撮影中に北川にある映画のDVDを渡し、観るように勧めている。それは森田自身の劇場映画第1作である「の・ようなもの」だった。北川は「いま撮っている映画を『の・ようなもの』みたいな感じにしたいのかな」と思いながら見たという(前掲)。

「の・ようなもの」は1981年、森田芳光31歳のときの作品だ。時はめぐり彼は2011年12月、61歳で死去している。その遺志を引き継ぎ、「の・ようなもの」の35年ぶりとなる続編

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。