東海テレビの昼ドラ(毎週 月〜金 ひる1時25分〜)が、2月1日からはじまる「嵐の涙〜私たちに明日はある〜」を最後に終了する。公式ホームページ
にある「昼ドラが誕生し51年半。胸躍るお昼のひとときはこれが最後です。」という一文に、早くも涙。

1964年から続いたご長寿枠・昼ドラよ、さようなら。その感謝祭のごとく、最後から2番目の作品として放送され、先週最終回を迎えたのは、昼ドラの巨匠・中島丈博の脚本による「新・牡丹と薔薇」だった。
唖然「新・牡丹と薔薇」最終回、そして昼ドラ最終作「嵐の涙」はどうなるんだ
イラスト/小西りえこ

これは、かつて一世を風靡した「牡丹と薔薇」のセルフオマージュのような作品で、美人姉妹が、数奇な運命に翻弄されていく姿を描いたもの。たったふたつの家族──小日向家と吉田家の人々が、幾人かの関わった人たちを巻き込んで、殺人、略奪愛などを何度も繰り返すという、檻に閉じ込められた生物が食い合いになってしまうような悲劇が2ヶ月間ぐるぐると繰り広げられた。

わけわからなさ濃い目だった


若気の至りによる私生児として、嵐の晩に生まれ、実母の顔を知らないまま養子に出された富貴子(黛英里佳)。不思議な因縁に導かれ、実母と、父違いの妹・美輪子(逢沢りな)と出会うが、美輪子の姉ぼたんが、血がつながってないにもかかわらず、顔がそっくりで、そのうえ、富貴子の弟(育ての親の子供)が、ぼたんを殺してしまうというダブルの鎖にかんじがらめになって、不幸街道まっしぐら。
最後は、もうひとりの弟が起こした殺人現場を目の当たりにして、精神を病んだ挙げ句、人格が、亡くなったぼたん化してしまう。