review

日本プロ野球はこの一戦から本格的に始まった。80年前の歴史的試合を当時の新聞から振り返る

2月ともなれば、そろそろ進路の決まった高校生が自動車学校に通い始める時期だ。先日、私が訪れた名鉄自動車学校(名古屋市緑区)でも学生服を着た生徒をちらほら見かけた。

名鉄自動車学校は、教習所にしてはやけにカーブの多いなかなかの難コースとなっている。というのも、1958年までこの場所には鳴海(なるみ)球場という野球場があり、教習コースは球場の形をそっくり引き継いでいるからだ。それは地図を見ても一目瞭然だろう。
日本プロ野球はこの一戦から本格的に始まった。80年前の歴史的試合を当時の新聞から振り返る
名鉄自動車学校の教習コース内には、旧鳴海球場のホームベースの位置を示すプレートが置かれている

1927(昭和2)年に竣工した鳴海球場では、球史に残る試合もたびたび行なわれてきた。1931年と1934年には全米選抜チームがここで全日本チームと対戦している。さらに特筆すべきは、1936年2月9日、いまからちょうど80年前のきょうから開催された、東京巨人軍と名古屋金鯱軍と設立まもないプロ野球(当時は職業野球と呼ばれた)チームによる試合だ。地元紙「名古屋新聞」は翌10日付の朝刊で次のように伝えている。

《昭和十一年度スポーツ日本の魅力――本社後援 名古屋野球倶楽部主催 東京巨人軍対名古屋金鯱軍の職業大野球第一回戦は九日の鳴海球場に豪華のゴールデン・ステージを展開した。前日来の妖雲は拭われて黄金光きららかに球場を飾り、北西の風やや強くグラウンドコンディションは湿潤ながら球技を競うには不足なく満天下注視の大血戦は中部日本から全日本へ強く逞しき跫音を印したのである》(原文の旧仮名遣いや旧字体、読点は適宜修正した。以下に引用する新聞記事も同様)...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年2月9日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース