90s

放送禁止だった『ヨイトマケの唄』 呪縛を解放した桑田佳祐の功績

「この唄は、俗に放送禁止用語と呼称される実体のない呪縛により長い間、封印されてきた。今回のチョイスは桑田佳祐自身によるものであり、このテイクはテレビ業界初の試みである」

ブラックアウトした画面に上記のテロップが表示された後、スタジオライブの映像に移り、「この唄」が歌われます。歌い手は、サザンオールスターズの桑田佳祐。「この唄」とは、美輪明宏が作詞作曲した1966年のヒット曲『ヨイトマケの唄』です。
これはかつて、桑田佳祐がホストを務めていたフジテレビの音楽バラエティ『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』での一コマ。2000年10月13日、第二回目の放送における終盤でのことでした。わざわざメッセージを出すあたり、余程、歌唱にあたって、強い想いがあったことを伺わせます。

放送禁止歌だった『ヨイトマケの唄』


2012年の『NHK紅白歌合戦』で“本来の歌い手”美輪明宏が熱唱したことにより、大きな注目を浴びた『ヨイトマケの唄』ですが、桑田が言う通り、長らくこの曲は、日本民間放送連盟(民放連)が制定した要注意歌謡曲指定制度によって、「放送禁止歌」の烙印を押されていました。理由は、「土方」(どかた)、「ヨイトマケ」という差別用語が、歌詞中に含まれていたからだそうです。
1983年に制度自体は廃止されたものの、「実体のない呪縛」は依然、立ちはだかります。民放各局は、これまでの通例に則り、『ヨイトマケの唄』の放送を自粛。1990年に美輪がお昼のワードショー『ぴりっとタケロー』(TBS)で歌唱する予定だったものの、急きょ、局から歌の中止を求められるなど、長らくタブー視され、日の目を浴びずにいました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク