ダウンタウンの浜田雅功はかつて、ドラマや映画によく出演していました。相方の松本が映画監督デビューする前まで芸人以外の活動に消極的だったのとは対象的に、浜田は小室哲哉と音楽ユニットを結成したり、後にアニメ映画『シュレック』の声優を務めるなど、副業に対してとてもポジティブなコメディアン。その幅広い芸能活動の一つが、役者だったというわけです。
しかもコント仕込みの演技力はかなりの水準で、これまでに様々な作品で助演を務めた末、満を持して初のドラマ単独主演を飾ったのが、1996年放送の『竜馬におまかせ!』(日本テレビ)でした。脚本を担当したのは、現在、NHK大河ドラマ『真田丸』の執筆を手掛けている三谷幸喜です。

浜田雅功×三谷幸喜。夢のタッグが実現!


1996年当時の三谷といえば、『振り返れば奴がいる』『古畑任三郎』など、フジテレビ系列の大ヒットドラマを手掛け、売れっ子脚本家と呼ばれるようになったばかり。かたや、浜田も『夢で逢えたら』『ごっつええ感じ』などでの活躍により、飛ぶ鳥を落とす勢いにありました。
そんな2人がタッグを組むのだから、期待されないはずがありません。しかも、主題歌は『WOW WAR TONIGHT 時には起こせよムーヴメント』『GOING GOING HOME』でミリオンヒットを飛ばした、浜田と小室哲哉のユニット『H Jungle with t』が務めるという、磐石の布陣。もはやヒットは約束されているようなものです。