「みやま、ひろとです」
「お前、弁護士だったのか!」
松本潤が天然すぎる「99.9−刑事専門弁護士−」1話
カジュアルなジャケットに飴と、松本潤演じる深山を再現したコスチュームベアが発売されている。
「99.9 -刑事専門弁護士-」 深山コスチュームベア (ブルブルボールチェーン)/ホワイト オリジナルグッズ

嵐の松本潤が主演をつとめるドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』(毎週日曜よる9時〜TBS系)がスタートした。日曜劇場×弁護士とくれば、『半沢直樹』のような抗争ドラマを想像していたけれど、意外にも?コメディタッチで物語が進行していく。

天然キャラなのか…「99.9−刑事専門弁護士−」第一話


「刑事事件専門のチームを新設することになってね。だがうちは企業法務専門で、その道のプロフェッショナルがいないんです。きみのことは随分前に耳にしていてね」
ジャケットにリュックサックを背負った深山大翔(松本潤)の前に現れたのは、日本有数のローファーム班目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)。差し出した契約書には、年俸30,000,000円と書いてある。さ、さんぜんまん……。

高額のヘッドハンティングを受けても、驚くどころか笑顔で断る深山。かなりの天然キャラと見た。
対照的にわかりやすく驚いているのが深山のパートナー、パラリーガルの明石達也(片桐仁)。刑事事件は儲からない上に、司法試験のための学費を稼がなきゃならないと……。でも、明石のことは眼中にない班目所長。

「20年間勉強しても弁護士になれない、どーしようもない金魚のフンみたいな人ですけど、これでも役に立ってるんです一応」

他己紹介にしてはひどい。深山は明石を理由に断っているように見えたけど、一緒に雇ってもらえるように、さりげなく交渉しているようにもみえる。これって作戦? 笑顔を崩さないから気持ちがつかめない。