「なんだ、出番なしか」
刑事専門に異動後、初めて刑事事件の法廷に立った立花彩乃(榮倉奈々)。深山(松本潤)が珍しくサポートにまわった「99.9−刑事専門弁護士−」3話。
松本潤、愛妻弁当にため息「99.9−刑事専門弁護士−」3話
裁判をすると決めた姿がカッコよかった立花彩乃(榮倉奈々)。コーディネートを見ているのも楽しい。

さっそくダジャレが出た


「いただきマングローブ」
さっそくダジャレが出た。
目を閉じて鼻から大きく深呼吸。箸を持って一口食べて咀嚼。絶対味覚の持ち主、深山がパラリーガル藤野の愛妻弁当を食べて、ため息をつく。
「京都は味が薄いんじゃなくて、素材を生かすための味付けをするんです。でもこの弁当はそれが全くできていません」
マイ調味料を取り出しておかずにのせる。
「足りない味を補うんです」
味噌ダレ、土佐醤油、煎り酒、アリッサ……ってそれを持ち歩くか。

さて、今回の仕事は、
「吉田果歩(山下リオ)25歳。会社の金庫から現金1千万を盗み窃盗の容疑で逮捕起訴された。本人は無罪を主張している」
しかし、家宅捜索で自宅の押し入れから1500万円がみつかる。無罪を主張する被告人。弁護の依頼人は、果歩と幼い頃に別れた母親・冴子(麻生祐未)。
佐田(香川照之)が概要を話すと立花が手を挙げた。

「私に担当させてもらえませんか。いつまでも彼のサポートばかりは嫌です」
深山に振り回されっぱなしの立花。プ女子の刑事弁護デビュー戦だ。

佐田は深山を見ながら笑みを含んで、
「深山、あれうまく味付けしてやれよ。あいつはまだ素材そのままだからな」
一方、怪訝そうな顔の深山。
「いくら調味料が良くても、素材が良くなかったら美味しくなりませんよ」