90s

実在した「風船おじさん」 アメリカへ向かったまま消息不明に

実在した「風船おじさん」 アメリカへ向かったまま消息不明に
風船おじさんはフィクションだったが……
今から7年ほど前に、『カールじいさんの空飛ぶ家』という映画が公開されました。冒険好きの老人・カールが、亡くなった妻との約束を果たすために、自宅を風船で飛ばして旅に出るという本作。
ピクサー製作、ディズニー配給のファンタジーですが、かつて現実に試みた男がいたのをご存知でしょうか?

テレビの企画ではありません。普通の、いや、こんなことをする時点で普通ではないのですが、一般人による私的な挑戦です。彼の名は通称「風船おじさん」。ビニール風船で太平洋横断を試みた、世紀末の日本に現れた怪人物です。

太平洋の横断を夢見た現代のドンキホーテ・風船おじさん


1992年11月23日。風船おじさんこと、元ピアノ調律師の鈴木嘉和は、巨大ヘリウムガス入り風船・26個を装着した自作の風船ゴンドラ「ファンタジー号」に乗り、琵琶湖の湖畔にいました。

そもそも、なぜ彼はこんな無謀な挑戦を始めたのか? それは、島根県の琴ヶ浜にある上を歩くとキュッと音の鳴る「鳴き砂」の保護を訴える目的……というのは表向きの理由。
本当は、事業による失敗からこしらえた約5億円にも及ぶ負債を、返済するためだったといいます。太平洋横断に際して複数のスポンサーがつき、成功すれば冒険家として世間の注目が集まり、CMなどで多額の収入を得られると考えたのです。

最大5,600メートルも上昇した初飛行


はじめて彼がメディアに登場したのは、この約7ヶ月前。1992年4月17日のこと。当日、風船おじさんは、府中の多摩川河川敷から、千葉の九十九里を目指すという計画を実行するため、同じように風船ゴンドラへ搭乗。「降りてきてくださいよー! 約束が違うじゃないですか!」という警察の警告を無視して、初のフライトを実施したのです。

あわせて読みたい

  • 『どうぶつ奇想天外!』で起こった最悪の事故 ヒグマに襲われた写真家が死亡

    『どうぶつ奇想天外!』で起こった最悪の事故 ヒグマに襲われた写真家が死亡

  • 木村拓哉がファンを流血沙汰に追い込んだ事故とは?

    木村拓哉がファンを流血沙汰に追い込んだ事故とは?

  • 勝手に充電、無断で電話! マスコミ取材陣のモラルが問われたあの事案

    勝手に充電、無断で電話! マスコミ取材陣のモラルが問われたあの事案

  • ゴルフ続けて猛バッシング 首相に問われた危機管理意識

    ゴルフ続けて猛バッシング 首相に問われた危機管理意識

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年6月23日の90s チョベリー記事
    「実在した「風船おじさん」 アメリカへ向かったまま消息不明に」の みんなの反応 6
    • 匿名さん 通報

      相続放棄すれば借金を肩代わりなんてする必要ないし。

      10
    • 匿名さん 通報

      今ではアフリカ辺りかな、家族に借金を残し・・・・

      4
    • 匿名さん 通報

      推論を断言口調で書いちゃう典型的なマスゴミ

      4
    • 匿名さん 通報

      いましたね、そんな人。今頃、別の星で暮らしてたりしたらファンタジーなんだけど。

      2
    • 匿名さん 通報

      携帯電話ってこのころから

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。