review

「聖飢魔IIカルトQ」の始まりです。デーモン閣下へのブルボン小林の愛がとまらない

イベント後なのに、熱心さにほだされたか、居残ってくださった閣下に、長年聞きたかったことにだんだんと迫っていこうとするのだが。さてさて。
「聖飢魔IIカルトQ」の始まりです。デーモン閣下へのブルボン小林の愛がとまらない
ブルボン小林の熱い語りが閣下をゆさぶり続ける!

第1回 第2回 第3回

初めてそういう人にあったな


──僕が、閣下の歌詞がすごいって思ってる中の1つに……あ、閣下はそんなつもりじゃないと否定されるかもしれないですが、あくまでも僕が勝手に感じた感じ方で。自分たちを取り巻く、特に音楽的な状況に対してのルサンチマンとか、逆に誇りとか、矜持のようなものを、割と隠さずに歌詞に取り入れてる、そう僕は感じてまして。

閣下 たとえばどんなやつですかね?

──ルサンチマンを「嫉妬」と訳してしまうと浅い話になるけれども、自分の状況のもどかしさとか、世間で無闇に評価されているものに対しての疑義の気持ち、それを持っていないふりをせず、口に出していうことを、僕は大事なことだと思ってて。聖飢魔IIの年代順に言うと『JOKER~非力河童人間~』から。
(補足・『JOKER~非力河童人間~』=「髪の毛さかだてて気取る」当時のビジュアル系を揶揄し、「お決まりのパッション」で「愛の歌」を歌う者をあげつらった曲。魔暦前9(’90)年の小教典『BAD AGAIN』のカップリング)。
「聖飢魔IIカルトQ」の始まりです。デーモン閣下へのブルボン小林の愛がとまらない
『JOKER〜非力河童人間〜』収録の極悪集大成盤『愛と虐殺の日々』

閣下 (笑)ほう。

──ちょうどバンドブームで、ビジュアル系といわれるバンドもどんどん出始めて、いかにもこわもてな風貌なのに安直なラブソングを歌ってやがる、みたいな歌詞になってるわけですよ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年6月21日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース