今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」貞子と伽椰子の配分は? デーモン閣下をブルボン小林がマニアック攻め

2016年6月19日 10時00分 ライター情報:ブルボン小林
前回(第1回)は、タイアップの話から、タイトなスケジュールで新曲を手がけた逸話を聞くことができたが、再びタイアップについての話を掘り下げようと思う。だが、イベント開始時間までわずかだ!
「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ / GOBLIN’S SCALE」

2つの印象的なキャラクターのある主人公の特徴を



──タイアップということも、たとえば落語の三題噺を頼まれたみたいに「だったら楽しんでやれ」みたいな意識もあるんじゃないでしょうか。閣下の中に。

閣下 まあそうだろうね。折角やる以上は。どのくらいの時間を使えるのかにもよるんだけれども、時間の許す限り、タイアップしてるものと作り出すもの、なるべく交わる点が多いほうが面白いかなと。

──ですよね。それに、さっきの仮面ライダーのことにしても、たとえば初代ライダーが好きだとか、平成ライダーの最初がどうのとか、ライダーを好きな人って皆ライダーのことしか言わない。原作者が石ノ森章太郎だってことを踏まえた人が……いや閣下は人ではないですが。

閣下 (笑)

──本当の正しいリスペクトですよ。そういった感じは『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』(正式には半角表記)にも色濃く出てると思ったんですよ。

閣下 そんなに色濃く出てますかね。

──まず、伽椰子、貞子(映画『貞子vs伽椰子』)という2つの印象的なキャラクターのある主人公の特徴を、1番と2番に律儀にあてがってる。1番では屋根裏と階段、2番では呪いのビデオにワンピース。「二日後に死ぬ」という設定も活かして。そして、それこそ怖いばかりではないと仰った通りで、今回の映画はちょっとお祭り感があるわけです。「vs」というのが、いわゆるゴジラ対ガメラみたいなね……まあ、ゴジラ対ガメラは実現してませんが(ここで閣下、ゆっくり首を縦に振る)。ちょっと映画的にも祝祭感があるというか、祭だぞみたいな。
貞子
「貞子vs伽椰子」
6月18日全国ロードショー
(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

伽椰子
「貞子vs伽椰子」
6月18日全国ロードショー
(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

閣下 (本編も)その通りになってたよ。

──曲を作った時点で、本編はまだ編集段階だったということは、これまでの貞子の映画などを事前にまあご覧になって、こんな感じかなと?

閣下 「こんな感じかな」(笑) まあ、リクエストがね、そんなにおどろおどろしい曲ではなくて、最後にぎやかにスピーディーな曲で終わってほしいっていう監督からのリクエストだったんで、監督及び制作か。

──意向というのは監督からもあったんですね。
(補足・これは筆者がある映画監督から聞いた話で、レコード会社が映画のエンディングの「枠を買う」形で曲が入ることが多いから、最近は監督でさえ自分の映画の主題歌を自由に選べない状態が多々ある。

ライター情報

ブルボン小林

コラムニスト。72年生まれ。著書に『マンガホニャララ』『増補版ぐっとくる題名』など。エキレビ!では音楽話が多め。

URL:ブルボン小林公式サイト

「「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」貞子と伽椰子の配分は? デーモン閣下をブルボン小林がマニアック攻め」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!