review

チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ

「AKBのじゃんけん大会、八百長じゃねーぞ!」
AKB48グループの総監督・高橋みなみが横浜アリーナで吠えた。
9月16日に開催された「第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ」のラストでの発言だ(しかし長いタイトルだ)。

2010年の第1回では“非選抜メンバー”の内田眞由美(今年8月にグループ卒業を発表)が優勝したとはいえ、翌年の第2回以降の優勝者は篠田麻里子(2013年に卒業)、島崎遥香、松井珠理奈(SKE48と兼任)、そして昨年の渡辺美優紀(NMB48と兼任)と、いずれもシングル曲を歌う選抜メンバーの常連だったことから、じゃんけん大会は八百長ではないかと噂も絶えなかった。

しかしそんな噂も、今大会の結果で吹き飛ばされた。今回決勝に残ったのは、AKB48のチームKの藤田奈那とチームAの中西智代梨。中西は昨年AKB48に移籍する前、HKT48在籍中にシングル選抜に入った経験はあるものの、藤田ともどもAKBのシングルでは選抜メンバー入りの経験はない。

決勝前の風景もいままでにないものとなった。対戦をひかえた2人は、ステージ上で闘志を燃やすというよりは、藤田はずっと頬を両手で押さえ、中西は丸椅子を抱えるという具合に、あきらかに戸惑っていた。これというのも、優勝すれば特典としてソロシングルのリリースが決まるからだ。藤田が「どっちが勝ってもやばいです」と口にすると、中西も「私たちじゃないよね」と応じる。

この記事の画像

「チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ」の画像1 「チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ」の画像2 「チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ」の画像3 「チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ」の画像4
「チャンスをつかむため藤田奈那はパーを出した「AKB48じゃんけん大会」レポ」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク