やらせか否かというのは、ドキュメンタリー系のバラエティ番組にはつきものといっていい嫌疑。現在放送中の『テラスハウス』にも、何度となくそういった疑惑が持ち上がり、一部メディアで騒がれています。
もともとは、1985年、テレビ朝日の情報番組『アフタヌーンショー』で起きたリンチ事件の捏造によって、広く知られるようになった、この「やらせ」という言葉。それまで、テレビは全て“リアル”であると信じていた一般視聴者に、大きな衝撃を与えたのは言うまでもありません。
以降、「やらせ」に向けられる世間の視線は格段に厳しいものとなり、今となっては、演出の範疇ではないかと思われるものまで、ネットで糾弾されるという、視聴者=批評家の時代に突入しました。

しかし、そんな視聴者の目をかいくぐり、90年代より後に放送され、あまつさえ高視聴率を獲得したやらせ番組もいくつか存在します。その一つがみのもんたが司会を務めたフジテレビ系のバラエティ『愛する二人 別れる二人』でした。

夫婦同士の“リアル”な喧嘩が見ものだった『愛する二人 別れる二人』


1998年10月19日から1999年11月8日にかけて放送されていた『愛する二人 別れる二人』。一般公募された離婚の危機に直面する夫婦が結婚生活を続けるか、別れるかの2択を選ぶという内容の番組でした。
「あんた、他に女がいるんでしょ!?」「うるせぇなぁ、お前だって家事もろくにしないで…」などという口論に始まり、挙句の果てにはつかみ合いの泥仕合に突入。それをスタッフや司会のみのが止めに入るという、スリリングな展開が繰り広げられ、視聴者は手に汗握ったものです。