90s

プロ野球助っ人選手の教科書映画「ミスター・ベースボール」【キネマ懺悔】

プロ野球助っ人選手の教科書映画「ミスター・ベースボール」【キネマ懺悔】
「移籍先はカナダでもクリーブランドでもない、ニッポン。チュー…チュー…中日。中日ドラゴンズだ」

おいおいちょっと待ってくれよ。メジャーリーガーの俺に日本へ行けと言うのか? 唖然とするベテラン1塁手。物語はそんなシーンから始まる。
公開から20年以上経過した今もプロ野球助っ人選手の多くが、来日前にこの映画を観るという。日本文化、そして日本プロ野球の教科書『ミスター・ベースボール』だ。と言っても、一部とんでもない解釈の入った教科書なわけだが……。
アメリカで1992年に制作された本作(日本公開は翌93年2月)の舞台は名古屋の中日ドラゴンズ。主人公のジャック・エリオット(トム・セレック)は4年前にワールドシリーズMVPを獲得した元スター選手だが、前年の打率は2割3分5厘。ニューヨーク・ヤンキースでは若手の台頭もあり出番を失い、ある日突然、日本行きを告げられる。

来日した主人公ジャック


来日したジャックには、空港で中日球団幹部とマスコミ陣がお出迎え。入団会見ではメジャー時代の48番ではない背番号54のユニフォームを手渡され、西村通訳に理由を聞くと「あなたに求められるホームラン数です」と即答される。
名刺交換でヤンキース時代のベースボールカードを差し出し、日本文化を茶化した際どい発言も通訳が勝手にコメントを修正して訳すコント風会見をこなすジャック。アメリカと比較したら異様に狭い部屋に案内され、ブラウン管の向こう側のCNNニュースでは自身を追いやったヤンキースの大物新人デイビスの活躍を伝えている。まだナゴヤドーム完成前で、昭和ノスタルジーが色濃く残るナゴヤ球場のボロボロのロッカールームでは、

あわせて読みたい

  • 売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

    売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

  • 広末涼子ブームを象徴 映画「広末三部作」を振り返る【キネマ懺悔】

    広末涼子ブームを象徴 映画「広末三部作」を振り返る【キネマ懺悔】

  • 「シン・ゴジラ」の原点! 庵野秀明、初の実写映画監督作品『ラブ&ポップ』【キネマ懺悔】

    「シン・ゴジラ」の原点! 庵野秀明、初の実写映画監督作品『ラブ&ポップ』【キネマ懺悔】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年9月16日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら